建築の基礎知識
設備知識
建築の基礎知識 > 設備知識 > 照明設備

照明設備

照明設備工事とは、建物内や敷地内で光を利用するために、照明器具の取り付けや配線を行う工事のことです。

目次

照明設備工事

供給電圧

供給電圧は100V、分岐回路は15AまたはB20Aを標準とします。

器具および付属品、JIS規格による器具の種類

・天井釣り下げ
コードペンダント、パイプペンダント、チェーンペンダント、特殊釣下げ器具
・天井、壁面に露出
レセプタクル、じか付け器具、壁付灯(ブラケット)、投光器、特殊じか付け器具
・天井、壁面に埋込み
片面灯、両面灯、ダウンライト、足下灯、水中灯、特殊埋込み器具
・上向き取付け
レセプタクル、投光器、門灯、外灯、特殊じか付け器具

器具および付属品の品質

JIS規格適合品とします。

照明器具の構造

・照明器具の構造は、安全で、容易に内部の点検や清掃できるもの。
・電球の取替えが容易にできるもの。
・光線漏れがなく、じんあい、虫などが内部に入りにくい構造のもの。
・十分放熱できて、連続使用しても温度上昇による変質、ひずみのために支障を生じないものとします。

配線

・白熱灯器具に使用する電線は、より線で太さ0.75mm2以上とします。
大形口金電球用は1.25mm2以上とします。
電球線、器具線についてはそれぞれ規定のものを使います。
・けい光ランプおよび灯具はJIS規格適合品とします。
けい光灯の供給電圧は、100V、200V等とし、分岐回路は、15AまたはB20Aをとします。

器具取付け

・木造下地
メタルラス張り、ワイヤラス張り又は金属板張りの場合は、これらの金属部分と取付け箱または器具の金属製部分とは電気的に接続しないように施設します。
器具は、しゃ熱を考慮して、造営材に堅固に取付けます。
・コンクリー卜下地
器具は、アウトレットボックスにねじ止めするか、インサートスタッド類で固定します。重量の大きな器具は、アンカーボルトなどを用い堅固に取付けます。
・屋外灯は雨水などが浸入しにくいものとします。上向きに取付けるものは、径3mm程度の水抜きを設けます。
・非常用進入口表示灯は、赤色灯とし、常時点灯するものとします。
容易に電源をしゃ断する、開閉器を設けません。
赤色灯の大きさは、径10cm以上の半球が内接する大きさとします。
・非常用進入口である旨の表示は、赤色反射塗料による1辺が20cmの正三角形によるものとします。

※建材を探す →  「照明・通信・音響設備」照明設備
 
広告