建築の基礎知識
建築の基礎知識
我が国における土地・建物問題は、日々複雑化しており、併せて建築技術も様々な変容を余儀なくされています。
それに伴い、建築に携わる者に求められる知識・技量や負うべき義務・責任も増加するばかりで広範囲に渡っています。
現状では、施工に関する取組み方や方法論が確立されているわけではなく、事業者ごとに独自のやり方を採用していたり、これまでの長い慣習からなかなか抜けきれないところも多くあります。
そして、全く同じ建築物などなく、施工の在り方にも様々な考え方があるために、正しい在り方を断定することが困難な場合も少なくありません。
以上のことを認識した上で真摯に問題に相対し、技術の向上に努めていくことが、これから必要な姿勢であると考えます。
ここでは建築に関する最低限(ベース)の基礎知識として、建築施工に関する情報の開示と、施工監理及び関連法案の掲載を試みました。
施工に関する基本的な一つの考え方を掲載したものとお考えください。

そして、一般の方々がこれをご覧になり、建築物の施工の難しさを理解されるとともに、問題発生の抑止力及び回避につなげていただければ幸いです。
広告