建築の基礎知識
計画知識
建築の基礎知識 > 計画知識 > 高齢者配慮

高齢者配慮

目次

建築物外部計画

身障者用駐車場

建築物の出入口に近接して設ける。
設置台数は最低1台とする。
公共建築物等大規模な駐車場がある場合は、駐車台数200台以下は、その台数の2%以上とする。
駐車台数200台以上は、その台数の1%に2を加えた以上とする。
駐車スペースの幅は、3.5m以上とする。
車椅子昇降スペース1.4m以上とする。
建築物出入口まで安全な通路を確保する。
床面には、白線等で昇降スペースを明示する。

 

敷地内通路

歩行者と車の分離を原則とする。
水平を原則とする。
水勾配が必要な部分を除く。
有効幅員は、120cm以上とする。
車椅子利用者の利便性を考慮する場合は、180cm以上とする。

 

傾斜路スロープ

スロープは1/12以下とする。
外部スロープは1/15以下が望ましい。
有効幅は、120cm以上とし、車椅子を考慮する場合は、150cm以上とする。
踊り場の設置は、起点、終点及び75cm以内に踊り場を設ける。
踊り場の幅は、150cm以上とする。
手摺は、床面から75cmの位置に設ける。手摺の端部は、危険防止のため、45cm以上水平に伸ばし折り曲げる。
側壁のない側は、車椅子の脱輪防止と危険予知のため、5cm以上の立ち上りを設ける。

 

建築物の外部出入り口

原則、有効幅80cm以上とする。
車椅子を考慮する場合は、120cm以上とする。
ガラスの仕様は、安全ガラスを用いる。また、車椅子のフットレスの衝突補強を、床上35cm程度の位置で行う。
取手の位置は、床上90cm程度とする。
形状は、引き戸の場合は、棒状、開き戸の場合は、レバーハンドル、棒状、パニックバー形式とし、補助取手を設ける。
主要出入口は、自動扉を設ける。また、非常時のために、手動式扉を併設する。
自動扉の開閉速度調整は、開く時は早く、閉まる時は、遅くする。
床に誘導ブロックを設ける。
音声チャイムを、扉の直上に設ける。

 


建築物内部計画

玄関ホール

案内掲示板は、床面から掲示板中心まで135cm程度とする。
案内掲示板やエレベーター等への通路には、床に誘導ブロックを設ける。

屋内通路

有効幅は、120cm以上とし、通路の端に、車椅子方向転換スペース140cm×140cmを設ける。
回転転換スペース180cm×180cm
車椅子利用者の利便性を考慮する場合は、180cm以上とする。
フットレス当りを、壁面35〜40cm程度設ける。
手摺を、床面から75〜85cm程度の高さの位置に設ける。
床材は、滑りにくい、転倒した場合衝撃の少ない材料とする。

建築物の出入口

原則、有効幅80cm以上とする。
車椅子を考慮する場合は、120cm以上とする。
その他は、90cm以上とする。

エレベーター

かごの寸法は、140×135cm(奥行)、出入口の有効幅80cm以上とする。
ロビーは、車椅子方向転換スペース150cm×150cm以上とする。
回転転換スペース180cm×180cm
警告用点状ブロックを設ける。

階段

有効幅は、140cm以上、蹴上16cm以下、踏面30cm以上、踏込2cm以下とする。
段鼻は突き出さない。
手摺は、一般80〜85cm、高齢者、幼児を配慮する場合は、65cm程度の高さに、2段で設置する。
両側、踊場に連続して、途中で途切れないように設ける。
手摺の端部は、危険防止のため、45cm以上水平に伸ばし折り曲げる。

便所・洗面

バリアフリー便所
車椅子利用者が使用できる便所。
出入口の有効幅は、80cm以上とし、90cmを標準とする。
出入口の前には回転スペースを設ける。
便所の広さは、200×200cmを標準とする。

便器

小便器は、床置式ストール型とする。
大便器は、腰掛式とする。
手摺を設ける。

 


高齢者に配慮した住宅

計画の基本

寝食分離
食堂と寝室を別々に設けること。
就寝分離
親と子や男と女の寝室を分離すること。一人一部屋とすること。
最適な方位
南面は、冬の日照確保や夏の通風等居住性がよい。
西面は、夏は西陽で、最も暑く、冬は北西の風で最も寒く、居住性が最も悪い。
老人室の条件としては、南東角がよい。

 

所要室

玄関

出入口は、段差を設けないようにする。
玄関扉は、有効幅75cm以上、親子扉とし、ドアークローザー付とする。
ガラスを使用する場合は、安全ガラスとし、桟付建具とし、ガラス面積を少なくする。
上がり口、上がり框との段差は、11cm以下とする。
上がり框の脇に腰掛と手摺を設ける。

便所

有効幅75cm以上とし、奥行は、有効幅140cm以上とし、介助者スペース50cm以上を確保する。
便器の横に手摺を設ける。便器の高さは、40〜45cmとする。

車椅子が方向転換できるスペース150×150cmの空間を確保する。
洗面台、手洗器の取り付け高さは、75cm程度とし、足元は、60〜65cm程度空間とする。

浴室

面積は2m2以上、短辺130cm以上とする。手摺を設ける。
床材は滑りにくい仕上げ材料とし、出入口との段差は、2cm以下とする。

浴槽
浴槽の縁に腰掛けて移動できる浴槽を選ぶ。縁高さは、車椅子の座高、約42cm前後とする。

台所

流し台の高さは、75cm程度とする。
流し台上部の戸棚の高さは、手の届く範囲とする。床面から130cm程度とする。座面から、90cm程度とする。
キッチンセットの形態配置は、L型、U型とし、作業動線を短くする。
食事用テーブルの高さは、天板高さ70cm程度とし、足元は空間60〜65cm程度とし、奥行45cm程度とする。

廊下

有効幅は、78cm以上とする。
屈曲部、出入口前等回転を要する部分には、回転スペースを設ける。
手摺高さは、75cm程度とする。

階段

階段勾配は、22/21以下、かつ、55cm≦踏面寸法+2×蹴上寸法≦65cmとする。
ただし、踏面寸法は19.5cm以上とする。
踏面は、滑りにくい材料とし、同面にノンスリップを設け、段鼻は突き出さない。
手摺高さは、踏面先から70〜90cmとし、両側に設ける。
昇り口、踊場、降り口に足元灯を設ける。設ける位置は、段鼻直上20〜30cmとする。

高齢者の寝室

食寝分離、就寝スペースとリビングスペースを分離する。
1階に設け、便所、洗面所、居間、食堂は、近接して設ける。
広さは、12m2以上とする。
ベッド高さは、車椅子の座高、約42cm前後とする。
収納スペースは、無理のない姿勢での出し入れ等を考慮する。

 

設備

換気

急激な温度低下を避けるように、開口部の大きさ、位置等を考慮する。
室温は、他の部屋より、やや高めとする。過度の温度差がないように工夫する。
便所、洗面所、浴室等の温度管理のためには、低温輻射暖房がよい。

給水・給湯

水栓は、レバーハンドルが操作しやすい。
また、給湯は温度管理が、安全に、容易に行えるものとする。

電気

3路スイッチを有効に利用する。スイッチは明かり付を用いる。
取り付け位置等使い安さを考慮する。
出入口、段差のあるところには、足元灯を設ける。

照明

高齢者が、作業等を行う場合は、通常の約2倍の明るさが必要である。
まぶしさを防ぐ工夫や光のコントラストによる影を少なくする等の工夫が必要である。
採光は2面採光とする。

通報装置・火災報知機

緊急の場合を考慮して、便所、洗面、浴室、寝室等に通報装置を設ける。
火災報知機を設置する。

 
広告