PHP Logo

PHP Version 5.2.5


System Windows NT XAMPP-PC 6.2 build 9200
Build Date Nov 8 2007 23:18:08
Configure Command cscript /nologo configure.js "--enable-snapshot-build" "--with-gd=shared"
Server API Apache 2.0 Handler
Virtual Directory Support enabled
Configuration File (php.ini) Path C:\WINDOWS
Loaded Configuration File C:\xampp\apache\bin\php.ini
PHP API 20041225
PHP Extension 20060613
Zend Extension 220060519
Debug Build no
Thread Safety enabled
Zend Memory Manager enabled
IPv6 Support enabled
Registered PHP Streams php, file, data, http, ftp, compress.zlib, zip
Registered Stream Socket Transports tcp, udp
Registered Stream Filters convert.iconv.*, string.rot13, string.toupper, string.tolower, string.strip_tags, convert.*, consumed, zlib.*

Zend logo This program makes use of the Zend Scripting Language Engine:
Zend Engine v2.2.0, Copyright (c) 1998-2007 Zend Technologies
    with Zend Extension Manager v1.2.0, Copyright (c) 2003-2007, by Zend Technologies
    with Zend Optimizer v3.3.0, Copyright (c) 1998-2007, by Zend Technologies


PHP Credits


Configuration

PHP Core

DirectiveLocal ValueMaster Value
allow_call_time_pass_referenceOnOn
allow_url_fopenOnOn
allow_url_includeOffOff
always_populate_raw_post_dataOffOff
arg_separator.input&&
arg_separator.output&&
asp_tagsOffOff
auto_append_fileno valueno value
auto_globals_jitOnOn
auto_prepend_fileno valueno value
browscapC:\xampp\php\browscap\browscap.iniC:\xampp\php\browscap\browscap.ini
default_charsetno valueno value
default_mimetypetext/htmltext/html
define_syslog_variablesOffOff
disable_classesno valueno value
disable_functionsno valueno value
display_errorsOnOn
display_startup_errorsOffOff
doc_rootno valueno value
docref_extno valueno value
docref_rootno valueno value
enable_dlOnOn
error_append_stringno valueno value
error_logno valueno value
error_prepend_stringno valueno value
error_reporting61356135
expose_phpOnOn
extension_dirC:\xampp\php\ext\C:\xampp\php\ext\
file_uploadsOnOn
highlight.bg#FFFFFF#FFFFFF
highlight.comment#FF8000#FF8000
highlight.default#0000BB#0000BB
highlight.html#000000#000000
highlight.keyword#007700#007700
highlight.string#DD0000#DD0000
html_errorsOnOn
ignore_repeated_errorsOffOff
ignore_repeated_sourceOffOff
ignore_user_abortOffOff
implicit_flushOffOff
include_path.;C:\xampp\php\pear\.;C:\xampp\php\pear\
log_errorsOffOff
log_errors_max_len10241024
magic_quotes_gpcOnOn
magic_quotes_runtimeOffOff
magic_quotes_sybaseOffOff
mail.force_extra_parametersno valueno value
max_execution_time3060
max_input_nesting_level6464
max_input_time300060
memory_limit1700M32M
open_basedirno valueno value
output_bufferingno valueno value
output_handlerno valueno value
post_max_size1600M16M
precision1212
realpath_cache_size16K16K
realpath_cache_ttl120120
register_argc_argvOnOn
register_globalsOffOff
register_long_arraysOnOn
report_memleaksOnOn
report_zend_debugOnOn
safe_modeOffOff
safe_mode_exec_dirno valueno value
safe_mode_gidOffOff
safe_mode_include_dirno valueno value
sendmail_fromno valueno value
sendmail_pathno valueno value
serialize_precision100100
short_open_tagOnOn
SMTPlocalhostlocalhost
smtp_port2525
sql.safe_modeOffOff
track_errorsOffOff
unserialize_callback_funcno valueno value
upload_max_filesize1500M32M
upload_tmp_dirC:\xampp\tmpC:\xampp\tmp
user_dirno valueno value
variables_orderEGPCSEGPCS
xmlrpc_error_number00
xmlrpc_errorsOffOff
y2k_complianceOnOn
zend.ze1_compatibility_modeOffOff

apache2handler

Apache Version Apache/2.2.8 (Win32) DAV/2 mod_ssl/2.2.8 OpenSSL/0.9.8g mod_autoindex_color PHP/5.2.5
Apache API Version 20051115
Server Administrator info@ichi-ichi.info
Hostname:Port sekouchishiki.ichi-ichi.info:0
Max Requests Per Child: 0 - Keep Alive: on - Max Per Connection: 100
Timeouts Connection: 300 - Keep-Alive: 5
Virtual Server Yes
Server Root C:/xampp/apache
Loaded Modules core mod_win32 mpm_winnt http_core mod_so mod_actions mod_alias mod_asis mod_auth_basic mod_authn_default mod_authn_file mod_authz_default mod_authz_groupfile mod_authz_host mod_authz_user mod_cgi mod_dav mod_dav_fs mod_dir mod_env mod_include mod_info mod_isapi util_ldap mod_log_config mod_mime mod_negotiation mod_rewrite mod_setenvif mod_status mod_usertrack mod_ssl mod_autoindex_color mod_php5

DirectiveLocal ValueMaster Value
engine11
last_modified00
xbithack00

Apache Environment

VariableValue
REDIRECT_STATUS 200
HTTP_USER_AGENT CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
HTTP_ACCEPT text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8
HTTP_ACCEPT_LANGUAGE en-US,en;q=0.5
HTTP_ACCEPT_ENCODING br,gzip
HTTP_HOST sekouchishiki.ichi-ichi.info
HTTP_CONNECTION Keep-Alive
PATH C:\Program Files\Intel\iCLS Client\;C:\WINDOWS\system32;C:\WINDOWS;C:\WINDOWS\System32\Wbem;C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\NTRU Cryptosystems\NTRU TCG Software Stack\bin\;C:\Program Files\MFP Utility\Box Operator3\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\Program Files\Intel\OpenCL SDK\2.0\bin\x86;C:\WINDOWS\System32\OpenSSH\;C:\Program Files\WinSCP\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps
SystemRoot C:\WINDOWS
COMSPEC C:\WINDOWS\system32\cmd.exe
PATHEXT .COM;.EXE;.BAT;.CMD;.VBS;.VBE;.JS;.JSE;.WSF;.WSH;.MSC
WINDIR C:\WINDOWS
SERVER_SIGNATURE <address>Apache/2.2.8 (Win32) DAV/2 mod_ssl/2.2.8 OpenSSL/0.9.8g mod_autoindex_color PHP/5.2.5 Server at sekouchishiki.ichi-ichi.info Port 80</address>
SERVER_SOFTWARE Apache/2.2.8 (Win32) DAV/2 mod_ssl/2.2.8 OpenSSL/0.9.8g mod_autoindex_color PHP/5.2.5
SERVER_NAME sekouchishiki.ichi-ichi.info
SERVER_ADDR 192.168.11.240
SERVER_PORT 80
REMOTE_ADDR 3.236.98.69
DOCUMENT_ROOT C:/wwwroot/ichi-ichi.info/sekouchishiki
SERVER_ADMIN info@ichi-ichi.info
SCRIPT_FILENAME C:/wwwroot/ichi-ichi.info/sekouchishiki/modules/houki/index.php
REMOTE_PORT 47334
REDIRECT_QUERY_STRING path_info=hourei/09_01gesuidouhou.html
REDIRECT_URL /modules/houki/hourei/09_01gesuidouhou.html
GATEWAY_INTERFACE CGI/1.1
SERVER_PROTOCOL HTTP/1.1
REQUEST_METHOD GET
QUERY_STRING path_info=hourei/09_01gesuidouhou.html
REQUEST_URI /modules/houki/hourei/09_01gesuidouhou.html
SCRIPT_NAME /modules/houki/index.php

HTTP Headers Information

HTTP Request Headers
HTTP Request GET /modules/houki/hourei/09_01gesuidouhou.html HTTP/1.1
User-Agent CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
Accept text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8
Accept-Language en-US,en;q=0.5
Accept-Encoding br,gzip
Host sekouchishiki.ichi-ichi.info
Connection Keep-Alive
HTTP Response Headers
X-Powered-By PHP/5.2.5
Keep-Alive timeout=5, max=100
Connection Keep-Alive
Transfer-Encoding chunked
Content-Type text/html

bcmath

BCMath support enabled

calendar

Calendar support enabled

com_dotnet

COM supportenabled
DCOM supportdisabled
.Net supportenabled

DirectiveLocal ValueMaster Value
com.allow_dcom00
com.autoregister_casesensitive11
com.autoregister_typelib00
com.autoregister_verbose00
com.code_pageno valueno value
com.typelib_fileno valueno value

ctype

ctype functions enabled

date

date/time support enabled
"Olson" Timezone Database Version 2007.9
Timezone Database internal
Default timezone Asia/Tokyo

DirectiveLocal ValueMaster Value
date.default_latitude31.766731.7667
date.default_longitude35.233335.2333
date.sunrise_zenith90.58333390.583333
date.sunset_zenith90.58333390.583333
date.timezoneno valueno value

dom

DOM/XML enabled
DOM/XML API Version 20031129
libxml Version 2.6.26
HTML Support enabled
XPath Support enabled
XPointer Support enabled
Schema Support enabled
RelaxNG Support enabled

exif

EXIF Support enabled
EXIF Version 1.4 $Id: exif.c,v 1.173.2.5.2.20 2007/06/10 20:12:45 iliaa Exp $
Supported EXIF Version 0220
Supported filetypes JPEG,TIFF

filter

Input Validation and Filtering enabled
Revision $Revision: 1.52.2.39 $

DirectiveLocal ValueMaster Value
filter.defaultunsafe_rawunsafe_raw
filter.default_flagsno valueno value

ftp

FTP support enabled

gd

GD Support enabled
GD Version bundled (2.0.34 compatible)
FreeType Support enabled
FreeType Linkage with freetype
FreeType Version 2.1.9
T1Lib Support enabled
GIF Read Support enabled
GIF Create Support enabled
JPG Support enabled
PNG Support enabled
WBMP Support enabled
XBM Support enabled

gettext

GetText Support enabled

hash

hash support enabled
Hashing Engines md2 md4 md5 sha1 sha256 sha384 sha512 ripemd128 ripemd160 ripemd256 ripemd320 whirlpool tiger128,3 tiger160,3 tiger192,3 tiger128,4 tiger160,4 tiger192,4 snefru gost adler32 crc32 crc32b haval128,3 haval160,3 haval192,3 haval224,3 haval256,3 haval128,4 haval160,4 haval192,4 haval224,4 haval256,4 haval128,5 haval160,5 haval192,5 haval224,5 haval256,5

iconv

iconv support enabled
iconv implementation "libiconv"
iconv library version 1.9

DirectiveLocal ValueMaster Value
iconv.input_encodingISO-8859-1ISO-8859-1
iconv.internal_encodingISO-8859-1ISO-8859-1
iconv.output_encodingISO-8859-1ISO-8859-1

imap

IMAP c-Client Version 2004
SSL Support enabled

json

json support enabled
json version 1.2.1

libxml

libXML support active
libXML Version 2.6.26
libXML streams enabled

mbstring

Multibyte Support enabled
Multibyte string engine libmbfl
Multibyte (japanese) regex support enabled
Multibyte regex (oniguruma) version 4.4.4
Multibyte regex (oniguruma) backtrack check On

mbstring extension makes use of "streamable kanji code filter and converter", which is distributed under the GNU Lesser General Public License version 2.1.

DirectiveLocal ValueMaster Value
mbstring.detect_orderno valueno value
mbstring.encoding_translationOffOff
mbstring.func_overload00
mbstring.http_inputautoauto
mbstring.http_outputpasspass
mbstring.internal_encodingEUC-JPEUC-JP
mbstring.languageJapaneseJapanese
mbstring.strict_detectionOffOff
mbstring.substitute_characterno valueno value

mcrypt

mcrypt supportenabled
Version 2.5.7
Api No 20021217
Supported ciphers cast-128 gost rijndael-128 twofish arcfour cast-256 loki97 rijndael-192 saferplus wake blowfish-compat des rijndael-256 serpent xtea blowfish enigma rc2 tripledes
Supported modes cbc cfb ctr ecb ncfb nofb ofb stream

DirectiveLocal ValueMaster Value
mcrypt.algorithms_dirno valueno value
mcrypt.modes_dirno valueno value

mime_magic

mime_magic support

DirectiveLocal ValueMaster Value
mime_magic.debugOffOff
mime_magic.magicfileC:\xampp\php\extras\magic.mimeC:\xampp\php\extras\magic.mime

ming

Ming SWF output library enabled
Version 0.3beta1

mssql

MSSQL Supportenabled
Active Persistent Links 0
Active Links 0
Library version 7.0

DirectiveLocal ValueMaster Value
mssql.allow_persistentOnOn
mssql.batchsize00
mssql.compatability_modeOffOff
mssql.connect_timeout55
mssql.datetimeconvertOnOn
mssql.max_linksUnlimitedUnlimited
mssql.max_persistentUnlimitedUnlimited
mssql.max_procsUnlimitedUnlimited
mssql.min_error_severity1010
mssql.min_message_severity1010
mssql.secure_connectionOffOff
mssql.textlimitServer defaultServer default
mssql.textsizeServer defaultServer default
mssql.timeout6060

mysql

MySQL Supportenabled
Active Persistent Links 0
Active Links 0
Client API version 5.0.51a

DirectiveLocal ValueMaster Value
mysql.allow_persistentOnOn
mysql.connect_timeout6060
mysql.default_hostno valueno value
mysql.default_passwordno valueno value
mysql.default_portno valueno value
mysql.default_socketno valueno value
mysql.default_userno valueno value
mysql.max_linksUnlimitedUnlimited
mysql.max_persistentUnlimitedUnlimited
mysql.trace_modeOffOff

mysqli

MysqlI Supportenabled
Client API library version 5.0.51a
Client API header version 5.0.45
MYSQLI_SOCKET /tmp/mysql.sock

DirectiveLocal ValueMaster Value
mysqli.default_hostno valueno value
mysqli.default_port33063306
mysqli.default_pwno valueno value
mysqli.default_socketno valueno value
mysqli.default_userno valueno value
mysqli.max_linksUnlimitedUnlimited
mysqli.reconnectOffOff

odbc

ODBC Supportenabled
Active Persistent Links 0
Active Links 0
ODBC library Win32

DirectiveLocal ValueMaster Value
odbc.allow_persistentOnOn
odbc.check_persistentOnOn
odbc.default_dbno valueno value
odbc.default_pwno valueno value
odbc.default_userno valueno value
odbc.defaultbinmodereturn as isreturn as is
odbc.defaultlrlreturn up to 4096 bytesreturn up to 4096 bytes
odbc.max_linksUnlimitedUnlimited
odbc.max_persistentUnlimitedUnlimited

paradox

Paradox support enabled
pxlib Version 0.6.3
support for recoding record data iconv
pxlib was build on no value
Revision $Revision: 1.37 $

pcre

PCRE (Perl Compatible Regular Expressions) Support enabled
PCRE Library Version 7.3 2007-08-28

DirectiveLocal ValueMaster Value
pcre.backtrack_limit100000100000
pcre.recursion_limit100000100000

pdf

PDF Support enabled
PDFlib GmbH Version 5.0.3
PECL Version 2.1.4
Revision $Revision: 1.155 $

PDO

PDO supportenabled
PDO drivers mssql, mysql, sqlite2

pdo_mssql

PDO Driver for MSSQL DB-libenabled
Flavour MSSQL_70

pdo_mysql

PDO Driver for MySQL, client library version5.0.51a

pgsql

PostgreSQL Supportenabled
PostgreSQL(libpq) Version 8.2.3
Multibyte character support enabled
SSL support disabled
Active Persistent Links 0
Active Links 0

DirectiveLocal ValueMaster Value
pgsql.allow_persistentOnOn
pgsql.auto_reset_persistentOffOff
pgsql.ignore_noticeOffOff
pgsql.log_noticeOffOff
pgsql.max_linksUnlimitedUnlimited
pgsql.max_persistentUnlimitedUnlimited

ps

PS Support enabled
PSlib Version 0.4.0
Revision $Revision: 1.35 $

Reflection

Reflectionenabled
Version $Id: php_reflection.c,v 1.164.2.33.2.47 2007/10/28 13:47:14 iliaa Exp $

session

Session Support enabled
Registered save handlers files user sqlite
Registered serializer handlers php php_binary wddx

DirectiveLocal ValueMaster Value
session.auto_startOffOff
session.bug_compat_42OnOn
session.bug_compat_warnOnOn
session.cache_expire180180
session.cache_limiternocachenocache
session.cookie_domainno valueno value
session.cookie_httponlyOffOff
session.cookie_lifetime00
session.cookie_path//
session.cookie_secureOffOff
session.entropy_fileno valueno value
session.entropy_length00
session.gc_divisor100100
session.gc_maxlifetime14401440
session.gc_probability11
session.hash_bits_per_character44
session.hash_function00
session.namePHPSESSIDPHPSESSID
session.referer_checkno valueno value
session.save_handlerfilesfiles
session.save_pathC:\xampp\tmpC:\xampp\tmp
session.serialize_handlerphpphp
session.use_cookiesOnOn
session.use_only_cookiesOffOff
session.use_trans_sid00

SimpleXML

Simplexml supportenabled
Revision $Revision: 1.151.2.22.2.35 $
Schema support enabled

soap

Soap Client enabled
Soap Server enabled

DirectiveLocal ValueMaster Value
soap.wsdl_cache11
soap.wsdl_cache_dirC:\xampp\tmpC:\xampp\tmp
soap.wsdl_cache_enabled11
soap.wsdl_cache_limit55
soap.wsdl_cache_ttl8640086400

sockets

Sockets Support enabled

SPL

SPL supportenabled
Interfaces Countable, OuterIterator, RecursiveIterator, SeekableIterator, SplObserver, SplSubject
Classes AppendIterator, ArrayIterator, ArrayObject, BadFunctionCallException, BadMethodCallException, CachingIterator, DirectoryIterator, DomainException, EmptyIterator, FilterIterator, InfiniteIterator, InvalidArgumentException, IteratorIterator, LengthException, LimitIterator, LogicException, NoRewindIterator, OutOfBoundsException, OutOfRangeException, OverflowException, ParentIterator, RangeException, RecursiveArrayIterator, RecursiveCachingIterator, RecursiveDirectoryIterator, RecursiveFilterIterator, RecursiveIteratorIterator, RecursiveRegexIterator, RegexIterator, RuntimeException, SimpleXMLIterator, SplFileInfo, SplFileObject, SplObjectStorage, SplTempFileObject, UnderflowException, UnexpectedValueException

SQLite

SQLite supportenabled
PECL Module version 2.0-dev $Id: sqlite.c,v 1.166.2.13.2.9 2007/05/19 17:58:22 iliaa Exp $
SQLite Library 2.8.17
SQLite Encoding iso8859

DirectiveLocal ValueMaster Value
sqlite.assoc_case00

standard

Regex Library Bundled library enabled
Dynamic Library Support enabled
Internal Sendmail Support for Windows enabled

DirectiveLocal ValueMaster Value
assert.active11
assert.bail00
assert.callbackno valueno value
assert.quiet_eval00
assert.warning11
auto_detect_line_endings00
default_socket_timeout6060
safe_mode_allowed_env_varsPHP_PHP_
safe_mode_protected_env_varsLD_LIBRARY_PATHLD_LIBRARY_PATH
url_rewriter.tagsa=href,area=href,frame=src,input=src,form=,fieldset=a=href,area=href,frame=src,input=src,form=,fieldset=
user_agentno valueno value

tokenizer

Tokenizer Support enabled

wddx

WDDX Supportenabled
WDDX Session Serializer enabled

xml

XML Support active
XML Namespace Support active
libxml2 Version 2.6.26

xmlreader

XMLReader enabled

xmlrpc

core library version xmlrpc-epi v. 0.51
php extension version 0.51
author Dan Libby
homepage http://xmlrpc-epi.sourceforge.net
open sourced by Epinions.com

xmlwriter

XMLWriter enabled

xsl

XSL enabled
libxslt Version 1.1.17
libxslt compiled against libxml Version 2.6.26
EXSLT enabled
libexslt Version 0.8.13

Zend Optimizer

Optimization Pass 1 enabled
Optimization Pass 2 enabled
Optimization Pass 3 enabled
Optimization Pass 4 enabled
Optimization Pass 9 disabled
Zend Loader disabled
License Path no value
Obfuscation level 0

zip

Zip enabled
Extension Version $Id: php_zip.c,v 1.1.2.38 2007/08/06 22:02:32 bjori Exp $
Zip version 2.0.0
Libzip version 0.7.1

zlib

ZLib Support enabled
Stream Wrapper support compress.zlib://
Stream Filter support zlib.inflate, zlib.deflate
Compiled Version 1.2.3
Linked Version 1.2.3

DirectiveLocal ValueMaster Value
zlib.output_compressionOffOff
zlib.output_compression_level-1-1
zlib.output_handlerno valueno value

Additional Modules

Module Name

Environment

VariableValue
ALLUSERSPROFILE C:\ProgramData
APPDATA C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile\AppData\Roaming
CommonProgramFiles C:\Program Files\Common Files
COMPUTERNAME XAMPP-PC
ComSpec C:\WINDOWS\system32\cmd.exe
DriverData C:\Windows\System32\Drivers\DriverData
FP_NO_HOST_CHECK NO
LOCALAPPDATA C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile\AppData\Local
NUMBER_OF_PROCESSORS 8
OS Windows_NT
Path C:\Program Files\Intel\iCLS Client\;C:\WINDOWS\system32;C:\WINDOWS;C:\WINDOWS\System32\Wbem;C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\NTRU Cryptosystems\NTRU TCG Software Stack\bin\;C:\Program Files\MFP Utility\Box Operator3\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\Program Files\Intel\OpenCL SDK\2.0\bin\x86;C:\WINDOWS\System32\OpenSSH\;C:\Program Files\WinSCP\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps
PATHEXT .COM;.EXE;.BAT;.CMD;.VBS;.VBE;.JS;.JSE;.WSF;.WSH;.MSC
PROCESSOR_ARCHITECTURE x86
PROCESSOR_IDENTIFIER x86 Family 6 Model 58 Stepping 9, GenuineIntel
PROCESSOR_LEVEL 6
PROCESSOR_REVISION 3a09
ProgramData C:\ProgramData
ProgramFiles C:\Program Files
PSModulePath C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\
PUBLIC C:\Users\Public
SystemDrive C:
SystemRoot C:\WINDOWS
TEMP C:\WINDOWS\TEMP
TMP C:\WINDOWS\TEMP
USERDOMAIN WORKGROUP
USERNAME XAMPP-PC$
USERPROFILE C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile
windir C:\WINDOWS
AP_PARENT_PID 2900

PHP Variables

VariableValue
_REQUEST["path_info"]hourei/09_01gesuidouhou.html
_GET["path_info"]hourei/09_01gesuidouhou.html
_SERVER["REDIRECT_STATUS"]200
_SERVER["HTTP_USER_AGENT"]CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
_SERVER["HTTP_ACCEPT"]text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8
_SERVER["HTTP_ACCEPT_LANGUAGE"]en-US,en;q=0.5
_SERVER["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]br,gzip
_SERVER["HTTP_HOST"]sekouchishiki.ichi-ichi.info
_SERVER["HTTP_CONNECTION"]Keep-Alive
_SERVER["PATH"]C:\Program Files\Intel\iCLS Client\;C:\WINDOWS\system32;C:\WINDOWS;C:\WINDOWS\System32\Wbem;C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\NTRU Cryptosystems\NTRU TCG Software Stack\bin\;C:\Program Files\MFP Utility\Box Operator3\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\Program Files\Intel\OpenCL SDK\2.0\bin\x86;C:\WINDOWS\System32\OpenSSH\;C:\Program Files\WinSCP\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps
_SERVER["SystemRoot"]C:\WINDOWS
_SERVER["COMSPEC"]C:\WINDOWS\system32\cmd.exe
_SERVER["PATHEXT"].COM;.EXE;.BAT;.CMD;.VBS;.VBE;.JS;.JSE;.WSF;.WSH;.MSC
_SERVER["WINDIR"]C:\WINDOWS
_SERVER["SERVER_SIGNATURE"]<address>Apache/2.2.8 (Win32) DAV/2 mod_ssl/2.2.8 OpenSSL/0.9.8g mod_autoindex_color PHP/5.2.5 Server at sekouchishiki.ichi-ichi.info Port 80</address>
_SERVER["SERVER_SOFTWARE"]Apache/2.2.8 (Win32) DAV/2 mod_ssl/2.2.8 OpenSSL/0.9.8g mod_autoindex_color PHP/5.2.5
_SERVER["SERVER_NAME"]sekouchishiki.ichi-ichi.info
_SERVER["SERVER_ADDR"]192.168.11.240
_SERVER["SERVER_PORT"]80
_SERVER["REMOTE_ADDR"]3.236.98.69
_SERVER["DOCUMENT_ROOT"]C:/wwwroot/ichi-ichi.info/sekouchishiki
_SERVER["SERVER_ADMIN"]info@ichi-ichi.info
_SERVER["SCRIPT_FILENAME"]C:/wwwroot/ichi-ichi.info/sekouchishiki/modules/houki/index.php
_SERVER["REMOTE_PORT"]47334
_SERVER["REDIRECT_QUERY_STRING"]path_info=hourei/09_01gesuidouhou.html
_SERVER["REDIRECT_URL"]/modules/houki/hourei/09_01gesuidouhou.html
_SERVER["GATEWAY_INTERFACE"]CGI/1.1
_SERVER["SERVER_PROTOCOL"]HTTP/1.1
_SERVER["REQUEST_METHOD"]GET
_SERVER["QUERY_STRING"]path_info=hourei/09_01gesuidouhou.html
_SERVER["REQUEST_URI"]/modules/houki/hourei/09_01gesuidouhou.html
_SERVER["SCRIPT_NAME"]/modules/houki/index.php
_SERVER["PHP_SELF"]/modules/houki/index.php
_SERVER["REQUEST_TIME"]1624440037
_SERVER["argv"]
Array
(
    [0] => path_info=hourei/09_01gesuidouhou.html
)
_SERVER["argc"]1
_ENV["ALLUSERSPROFILE"]C:\ProgramData
_ENV["APPDATA"]C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile\AppData\Roaming
_ENV["CommonProgramFiles"]C:\Program Files\Common Files
_ENV["COMPUTERNAME"]XAMPP-PC
_ENV["ComSpec"]C:\WINDOWS\system32\cmd.exe
_ENV["DriverData"]C:\Windows\System32\Drivers\DriverData
_ENV["FP_NO_HOST_CHECK"]NO
_ENV["LOCALAPPDATA"]C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile\AppData\Local
_ENV["NUMBER_OF_PROCESSORS"]8
_ENV["OS"]Windows_NT
_ENV["Path"]C:\Program Files\Intel\iCLS Client\;C:\WINDOWS\system32;C:\WINDOWS;C:\WINDOWS\System32\Wbem;C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\NTRU Cryptosystems\NTRU TCG Software Stack\bin\;C:\Program Files\MFP Utility\Box Operator3\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\Program Files\Intel\OpenCL SDK\2.0\bin\x86;C:\WINDOWS\System32\OpenSSH\;C:\Program Files\WinSCP\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps
_ENV["PATHEXT"].COM;.EXE;.BAT;.CMD;.VBS;.VBE;.JS;.JSE;.WSF;.WSH;.MSC
_ENV["PROCESSOR_ARCHITECTURE"]x86
_ENV["PROCESSOR_IDENTIFIER"]x86 Family 6 Model 58 Stepping 9, GenuineIntel
_ENV["PROCESSOR_LEVEL"]6
_ENV["PROCESSOR_REVISION"]3a09
_ENV["ProgramData"]C:\ProgramData
_ENV["ProgramFiles"]C:\Program Files
_ENV["PSModulePath"]C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\
_ENV["PUBLIC"]C:\Users\Public
_ENV["SystemDrive"]C:
_ENV["SystemRoot"]C:\WINDOWS
_ENV["TEMP"]C:\WINDOWS\TEMP
_ENV["TMP"]C:\WINDOWS\TEMP
_ENV["USERDOMAIN"]WORKGROUP
_ENV["USERNAME"]XAMPP-PC$
_ENV["USERPROFILE"]C:\WINDOWS\system32\config\systemprofile
_ENV["windir"]C:\WINDOWS
_ENV["AP_PARENT_PID"]2900

PHP License

This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under the terms of the PHP License as published by the PHP Group and included in the distribution in the file: LICENSE

This program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

If you did not receive a copy of the PHP license, or have any questions about PHP licensing, please contact license@php.net.


建築の基礎知識 - 法律知識
建築の基礎知識
法律知識
建築の基礎知識 > 法律知識 > 汚染衛生健康 >下水道法

下水道法

目次
 第一章 総則(第一条・第二条)
 第一章の二 流域別下水道整備総合計画(第二条の二)
 第二章 公共下水道(第三条―第二十五条)
 第二章の二 流域下水道(第二十五条の二―第二十五条の十)
 第三章 都市下水路(第二十六条―第三十一条)
 第四章 雑則(第三十一条の二―第四十四条)
 第五章 罰則(第四十五条―第五十一条)

 附則


下水道法
下水道法施行令

下水道法

(昭和三十三年四月二十四日法律第七十九号)

最終改正:平成一七年六月二二日法律第七〇号



第一章 総則

(この法律の目的)
第一条  この法律は、流域別下水道整備総合計画の策定に関する事項並びに公共下水道、流域下水道及び都市下水路の設置その他の管理の基準等を定めて、下水道の整備を図り、もつて都市の健全な発達及び公衆衛生の向上に寄与し、あわせて公共用水域の水質の保全に資することを目的とする。

(用語の定義)
第二条  この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一  下水 生活若しくは事業(耕作の事業を除く。)に起因し、若しくは付随する廃水(以下「汚水」という。)又は雨水をいう。
二  下水道 下水を排除するために設けられる排水管、排水渠その他の排水施設(かんがい排水施設を除く。)、これに接続して下水を処理するために設けられる処理施設( 屎尿浄化槽を除く。)又はこれらの施設を補完するために設けられるポンプ施設その他の施設の総体をいう。
三  公共下水道 主として市街地における下水を排除し、又は処理するために地方公共団体が管理する下水道で、終末処理場を有するもの又は流域下水道に接続するものであり、かつ、汚水を排除すべき排水施設の相当部分が暗渠である構造のものをいう。
四  流域下水道 次のいずれかに該当する下水道をいう。
イ 専ら地方公共団体が管理する下水道により排除される下水を受けて、これを排除し、及び処理するために地方公共団体が管理する下水道で、二以上の市町村の区域における下水を排除するものであり、かつ、終末処理場を有するもの
ロ 公共下水道(終末処理場を有するものに限る。)により排除される雨水のみを受けて、これを河川その他の公共の水域又は海域に放流するために地方公共団体が管理する下水道で、二以上の市町村の区域における雨水を排除するものであり、かつ、当該雨水の流量を調節するための施設を有するもの
五  都市下水路 主として市街地における下水を排除するために地方公共団体が管理している下水道(公共下水道及び流域下水道を除く。)で、その規模が政令で定める規模以上のものであり、かつ、当該地方公共団体が第二十七条の規定により指定したものをいう。
六  終末処理場 下水を最終的に処理して河川その他の公共の水域又は海域に放流するために下水道の施設として設けられる処理施設及びこれを補完する施設をいう。
七  排水区域 公共下水道により下水を排除することができる地域で、第九条第一項の規定により公示された区域をいう。
八  処理区域 排水区域のうち排除された下水を終末処理場により処理することができる地域で、第九条第二項において準用する同条第一項の規定により公示された区域をいう。
   

第一章の二 流域別下水道整備総合計画

第二条の二  都道府県は、環境基本法 (平成五年法律第九十一号)第十六条第一項 の規定に基づき水質の汚濁に係る環境上の条件について生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準(以下「水質環境基準」という。)が定められた河川その他の公共の水域又は海域で政令で定める要件に該当するものについて、その環境上の条件を当該水質環境基準に達せしめるため、それぞれの公共の水域又は海域ごとに、下水道の整備に関する総合的な基本計画(以下「流域別下水道整備総合計画」という。)を定めなければならない。
2  流域別下水道整備総合計画においては、国土交通省令で定めるところにより、次に掲げる事項を定めなければならない。
一  下水道の整備に関する基本方針
二  下水道により下水を排除し、及び処理すべき区域に関する事項
三  前号の区域に係る下水道の根幹的施設の配置、構造及び能力に関する事項
四  第二号の区域に係る下水道の整備事業の実施の順位に関する事項
五  前項の公共の水域又は海域でその水質を保全するため当該水域又は海域に排出される下水の窒素含有量又は燐含有量を削減する必要があるものとして政令で定める要件に該当するものについて定められる流域別下水道整備総合計画にあつては、第二号の区域に係る下水道の終末処理場から放流される下水の窒素含有量又は燐含有量についての当該終末処理場ごとの削減目標量(以下単に「削減目標量」という。)及び削減方法に関する事項
3  流域別下水道整備総合計画は、次に掲げる事項を勘案して定めなければならない。
一  当該地域における地形、降水量、河川の流量その他の自然的条件
二  当該地域における土地利用の見通し
三  当該公共の水域に係る水の利用の見通し
四  当該地域における汚水の量及び水質の見通し
五  下水の放流先の状況
六  下水道の整備に関する費用効果分析
4  流域別下水道整備総合計画において削減目標量が定められた終末処理場(以下「特定終末処理場」という。)で放流する下水の窒素含有量又は燐含有量に係る水質を政令で定める基準に適合させることができる構造のもの(以下「高度処理終末処理場」という。)を管理する地方公共団体は、当該高度処理終末処理場について定められた削減目標量を超える量の窒素含有量又は燐含有量を削減する場合には、その削減目標量を超えて削減する窒素含有量又は燐含有量のうち一定量のものについては、他の地方公共団体のため、当該他の地方公共団体が管理する特定終末処理場(当該高度処理終末処理場に係る下水道と同じ第二項第二号の区域に係る下水道のものに限る。)について定められた削減目標量の一部に相当するものとして削減するものである旨を、あらかじめ当該他の地方公共団体の同意を得て、国土交通省令で定めるところにより、都道府県に対し、申し出ることができる。
5  前項の規定による申出を受けた都道府県は、第二項第五号に掲げる事項に、当該申出に係る窒素含有量又は燐含有量の削減方法、当該高度処理終末処理場の設置、改築、修繕、維持その他の管理に要する費用の予定額及び当該他の地方公共団体による費用の負担に関する事項を記載することができる。
6  都道府県は、第一項の規定により流域別下水道整備総合計画(次項に規定するものを除く。)を定めようとするときは、あらかじめ、関係市町村の意見を聴かなければならない。
7  都府県は、第一項の規定により二以上の都府県の区域にわたる水系に係る河川その他の公共の水域又は二以上の都府県の区域における汚水により水質の汚濁が生じる海域の全部又は一部についての流域別下水道整備総合計画を定めようとするときは、あらかじめ、関係都府県及び関係市町村の意見を聴くとともに、国土交通省令で定めるところにより、国土交通大臣に協議し、その同意を得なければならない。
8  国土交通大臣は、前項の同意をしようとするときは、環境大臣に協議しなければならない。
9  都道府県は、第一項の水質環境基準が改定された場合、第三項各号に掲げる事項に変更を生じた場合その他の場合において流域別下水道整備総合計画を変更する必要が生じたときは、遅滞なく、当該流域別下水道整備総合計画を変更しなければならない。この場合においては、第二項から前項までの規定を準用する。
   

第二章 公共下水道

(管理)
第三条  公共下水道の設置、改築、修繕、維持その他の管理は、市町村が行うものとする。
2  前項の規定にかかわらず、都道府県は、二以上の市町村が受益し、かつ、関係市町村のみでは設置することが困難であると認められる場合においては、関係市町村と協議して、当該公共下水道の設置、改築、修繕、維持その他の管理を行うことができる。この場合において、関係市町村が協議に応じようとするときは、あらかじめその議会の議決を経なければならない。

(事業計画の認可)
第四条  前条の規定により公共下水道を管理する者(以下「公共下水道管理者」という。)は、公共下水道を設置しようとするときは、あらかじめ、政令で定めるところにより、事業計画を定め、国土交通大臣(政令で定める事業計画にあつては、都道府県知事。第六条において同じ。)の認可を受けなければならない。認可を受けた事業計画の変更(政令で定める軽微な変更を除く。)をしようとするときも、同様とする。
2  国土交通大臣は、前項の認可をしようとするときは、政令で定める場合を除き、あらかじめ、保健衛生上の観点からする環境大臣の意見をきかなければならない。

(事業計画に定めるべき事項)
第五条  前条第一項の事業計画においては、次の各号に掲げる事項を定めなければならない。
一  排水施設(これを補完する施設を含む。)の配置、構造及び能力並びに予定処理区域
二  終末処理場の配置、構造及び能力又は流域下水道と接続する位置
三  終末処理場以外の処理施設(これを補完する施設を含む。)を設ける場合には、その配置、構造及び能力
四  工事の着手及び完成の予定年月日
2  前項の事業計画の記載方法その他その記載に関し必要な事項は、国土交通省令で定める。

(認可基準)
第六条  国土交通大臣は、第四条第一項の認可をしようとするときは、事業計画が次の基準に適合しているかどうかを審査して、これをしなければならない。
一  公共下水道の配置及び能力が当該地域における降水量、人口その他の下水の量及び水質(水温その他の水の状態を含む。以下同じ。)に影響を及ぼすおそれのある要因、地形及び土地の用途並びに下水の放流先の状況を考慮して適切に定められていること。
二  公共下水道の構造が次条の技術上の基準に適合していること。
三  予定処理区域が排水施設及び終末処理場の配置及び能力に相応していること。
四  流域下水道に接続する公共下水道(以下「流域関連公共下水道」という。)に係るものにあつては、流域下水道の事業計画に適合していること。
五  当該地域に関し流域別下水道整備総合計画が定められている場合には、これに適合していること。
六  当該地域に関し都市計画法 (昭和四十三年法律第百号)第二章 の規定により都市計画が定められている場合又は同法第五十九条 の規定により都市計画事業の認可若しくは承認がされている場合には、公共下水道の配置及び工事の時期がその都市計画又は都市計画事業に適合していること。

(構造の基準)
第七条  公共下水道の構造は、政令で定める技術上の基準に適合するものでなければならない。

(放流水の水質の基準)
第八条  公共下水道から河川その他の公共の水域又は海域に放流される水(以下「公共下水道からの放流水」という。)の水質は、政令で定める技術上の基準に適合するものでなければならない。

(供用開始の公示等)
第九条  公共下水道管理者は、公共下水道の供用を開始しようとするときは、あらかじめ、供用を開始すべき年月日、下水を排除すべき区域その他国土交通省令で定める事項を公示し、かつ、これを表示した図面を当該公共下水道管理者である地方公共団体の事務所において一般の縦覧に供しなければならない。公示した事項を変更しようとするときも、同様とする。
2  前項の規定は、公共下水道管理者が終末処理場による下水の処理を開始しようとする場合又は当該公共下水道が接続する流域下水道の終末処理場による下水の処理が開始される場合に準用する。この場合において、同項中「供用を開始すべき年月日」とあるのは「下水の処理を開始すべき年月日」と、「下水を排除すべき区域」とあるのは「下水を処理すべき区域」と、「国土交通省令」とあるのは「国土交通省令・環境省令」と読み替えるものとする。

(排水設備の設置等)
第十条  公共下水道の供用が開始された場合においては、当該公共下水道の排水区域内の土地の所有者、使用者又は占有者は、遅滞なく、次の区分に従つて、その土地の下水を公共下水道に流入させるために必要な排水管、排水渠その他の排水施設(以下「排水設備」という。)を設置しなければならない。ただし、特別の事情により公共下水道管理者の許可を受けた場合その他政令で定める場合においては、この限りでない。
一  建築物の敷地である土地にあつては、当該建築物の所有者
二  建築物の敷地でない土地(次号に規定する土地を除く。)にあつては、当該土地の所有者
三  道路(道路法 (昭和二十七年法律第百八十号)による道路をいう。)その他の公共施設(建築物を除く。)の敷地である土地にあつては、当該公共施設を管理すべき者
2  前項の規定により設置された排水設備の改築又は修繕は、同項の規定によりこれを設置すべき者が行うものとし、その清掃その他の維持は、当該土地の占有者(前項第三号の土地にあつては、当該公共施設を管理すべき者)が行うものとする。
3  第一項の排水設備の設置又は構造については、建築基準法 (昭和二十五年法律第二百一号)その他の法令の規定の適用がある場合においてはそれらの法令の規定によるほか、政令で定める技術上の基準によらなければならない。

(排水に関する受忍義務等)
第十一条  前条第一項の規定により排水設備を設置しなければならない者は、他人の土地又は排水設備を使用しなければ下水を公共下水道に流入させることが困難であるときは、他人の土地に排水設備を設置し、又は他人の設置した排水設備を使用することができる。この場合においては、他人の土地又は排水設備にとつて最も損害の少い場所又は箇所及び方法を選ばなければならない。
2  前項の規定により他人の排水設備を使用する者は、その利益を受ける割合に応じて、その設置、改築、修繕及び維持に要する費用を負担しなければならない。
3  第一項の規定により他人の土地に排水設備を設置することができる者又は前条第二項の規定により当該排水設備の維持をしなければならない者は、当該排水設備の設置、改築若しくは修繕又は維持をするためやむを得ない必要があるときは、他人の土地を使用することができる。この場合においては、あらかじめその旨を当該土地の占有者に告げなければならない。
4  前項の規定により他人の土地を使用した者は、当該使用により他人に損失を与えた場合においては、その者に対し、通常生ずべき損失を補償しなければならない。

(使用の開始等の届出)
第十一条の二  継続して政令で定める量又は水質の下水を排除して公共下水道を使用しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、あらかじめ、当該下水の量又は水質及び使用開始の時期を公共下水道管理者に届け出なければならない。その届出に係る下水の量又は水質を変更しようとするときも、同様とする。
2  継続して下水を排除して公共下水道を使用しようとする水質汚濁防止法 (昭和四十五年法律第百三十八号)第二条第二項 に規定する特定施設又はダイオキシン類対策特別措置法 (平成十一年法律第百五号)第十二条第一項第六号 に規定する水質基準対象施設(以下単に「特定施設」という。)の設置者は、前項の規定により届出をする場合を除き、国土交通省令で定めるところにより、あらかじめ、使用開始の時期を公共下水道管理者に届け出なければならない。

(水洗便所への改造義務等)
第十一条の三  処理区域内においてくみ取便所が設けられている建築物を所有する者は、当該処理区域についての第九条第二項において準用する同条第一項の規定により公示された下水の処理を開始すべき日から三年以内に、その便所を水洗便所(汚水管が公共下水道に連結されたものに限る。以下同じ。)に改造しなければならない。
2  建築基準法第三十一条第一項 の規定に違反している便所が設けられている建築物の所有者については、前項の規定は、適用しない。
3  公共下水道管理者は、第一項の規定に違反している者に対し、相当の期間を定めて、当該くみ取便所を水洗便所に改造すべきことを命ずることができる。ただし、当該建築物が近く除却され、又は移転される予定のものである場合、水洗便所への改造に必要な資金の調達が困難な事情がある場合等当該くみ取便所を水洗便所に改造していないことについて相当の理由があると認められる場合は、この限りでない。
4  第一項の期限後に同項の違反に係る建築物の所有権を取得した者に対しても、前項と同様とする。
5  市町村は、くみ取便所を水洗便所に改造しようとする者に対し、必要な資金の融通又はそのあつせん、その改造に関し利害関係を有する者との間に紛争が生じた場合における和解の仲介その他の援助に努めるものとする。
6  国は、市町村が前項の資金の融通を行なう場合には、これに必要な資金の融通又はそのあつせんに努めるものとする。

(除害施設の設置等)
第十二条  公共下水道管理者は、著しく公共下水道若しくは流域下水道の施設の機能を妨げ、又は公共下水道若しくは流域下水道の施設を損傷するおそれのある下水を継続して排除して公共下水道を使用する者に対し、政令で定める基準に従い、条例で、下水による障害を除去するために必要な施設(以下「除害施設」という。)を設け、又は必要な措置をしなければならない旨を定めることができる。
2  前項の条例は、公共下水道又は流域下水道の機能及び構造を保全するために必要な最小限度のものであり、かつ、公共下水道を使用する者に不当な義務を課することとならないものでなければならない。

(特定事業場からの下水の排除の制限)
第十二条の二  特定施設(政令で定めるものを除く。第十二条の十二、第十八条の二及び第三十九条の二を除き、以下同じ。)を設置する工場又は事業場(以下「特定事業場」という。)から下水を排除して公共下水道(終末処理場を設置しているもの又は終末処理場を設置している流域下水道に接続しているものに限る。以下この条、次条、第十二条の五、第十二条の九、第十二条の十一第一項及び第三十七条の二において同じ。)を使用する者は、政令で定める場合を除き、その水質が当該公共下水道への排出口において政令で定める基準に適合しない下水を排除してはならない。
2  前項の政令で定める基準は、下水に含まれる物質のうち人の健康に係る被害又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあり、かつ、終末処理場において処理することが困難なものとして政令で定めるものの量について、当該物質の種類ごとに、公共下水道からの放流水又は流域下水道から河川その他の公共の水域若しくは海域に放流される水(以下「流域下水道からの放流水」という。)の水質を第八条(第二十五条の十において準用する場合を含む。第四項(第十二条の十一第二項において準用する場合を含む。)及び第十三条第一項において同じ。)の技術上の基準に適合させるため必要な限度において定めるものとする。
3  前項の政令で定める物質に係るものを除き、公共下水道管理者は、政令で定める基準に従い、条例で、特定事業場から公共下水道に排除される下水の水質の基準を定めることができる。
4  前項の条例は、公共下水道からの放流水又は流域下水道からの放流水の水質を第八条の技術上の基準に適合させるために必要な最小限度のものであり、かつ、公共下水道を使用する者に不当な義務を課することとならないものでなければならない。
5  第三項の規定により公共下水道管理者が条例で水質の基準を定めた場合においては、特定事業場から下水を排除して公共下水道を使用する者は、政令で定める場合を除き、その水質が当該公共下水道への排出口において当該条例で定める基準に適合しない下水を排除してはならない。
6  第一項及び前項の規定は、一の施設が特定施設となつた際現にその施設を設置している者(設置の工事をしている者を含む。)が当該施設を設置している工場又は事業場から公共下水道に排除する下水については、当該施設が特定施設となつた日から六月間(当該施設が政令で定める施設である場合にあつては、一年間)は、適用しない。ただし、当該施設が特定施設となつた際既に当該工場又は事業場が特定事業場であるとき、及びその者に適用されている地方公共団体の条例の規定で河川その他の公共の水域又は海域に排除される汚水の水質につき第一項及び前項に規定する規制に相当するものがあるとき(当該規定の違反行為に対する処罰規定がないときを除く。)は、この限りでない。

(特定施設の設置等の届出)
第十二条の三  工場又は事業場から継続して下水を排除して公共下水道を使用する者は、当該工場又は事業場に特定施設を設置しようとするときは、国土交通省令で定めるところにより、次の各号に掲げる事項を公共下水道管理者に届け出なければならない。
一  氏名又は名称及び住所並びに法人にあつては、その代表者の氏名
二  工場又は事業場の名称及び所在地
三  特定施設の種類
四  特定施設の構造
五  特定施設の使用の方法
六  特定施設から排出される汚水の処理の方法
七  公共下水道に排除される下水の量及び水質その他の国土交通省令で定める事項
2  一の施設が特定施設となつた際現にその施設を設置している者(設置の工事をしている者を含む。)で当該施設に係る工場又は事業場から継続して下水を排除して公共下水道を使用するものは、当該施設が特定施設となつた日から三十日以内に、国土交通省令で定めるところにより、前項各号に掲げる事項を公共下水道管理者に届け出なければならない。
3  特定施設の設置者は、前二項の規定により届出をしている場合を除き、当該特定施設を設置している工場又は事業場から継続して下水を排除して公共下水道を使用することとなつたときは、その日から三十日以内に、国土交通省令で定めるところにより、第一項各号に掲げる事項を公共下水道管理者に届け出なければならない。

(特定施設の構造等の変更の届出)
第十二条の四  前条の規定による届出をした者は、その届出に係る同条第一項第四号から第七号までに掲げる事項を変更しようとするときは、国土交通省令で定めるところにより、その旨を公共下水道管理者に届け出なければならない。

(計画変更命令)
第十二条の五  公共下水道管理者は、第十二条の三第一項又は前条の規定による届出があつた場合において、当該特定事業場から公共下水道に排除される下水の水質が公共下水道への排出口において第十二条の二第一項の政令で定める基準又は同条第三項の規定による条例で定める基準に適合しないと認めるときは、その届出を受理した日から六十日以内に限り、その届出をした者に対し、その届出に係る特定施設の構造若しくは使用の方法若しくは特定施設から排出される汚水の処理の方法に関する計画の変更(前条の規定による届出に係る計画の廃止を含む。)又は第十二条の三第一項の規定による届出に係る特定施設の設置に関する計画の廃止を命ずることができる。

(実施の制限)
第十二条の六  第十二条の三第一項又は第十二条の四の規定による届出をした者は、その届出が受理された日から六十日を経過した後でなければ、その届出に係る特定施設を設置し、又は特定施設の構造若しくは使用の方法若しくは特定施設から排出される汚水の処理の方法を変更してはならない。
2  公共下水道管理者は、第十二条の三第一項又は第十二条の四の規定による届出に係る事項の内容が相当であると認めるときは、前項の期間を短縮することができる。

(氏名の変更等の届出)
第十二条の七  第十二条の三の規定による届出をした者は、その届出に係る同条第一項第一号若しくは第二号に掲げる事項に変更があつたとき、又は特定施設の使用を廃止したときは、その日から三十日以内に、その旨を公共下水道管理者に届け出なければならない。

(承継)
第十二条の八  第十二条の三の規定による届出をした者からその届出に係る特定施設を譲り受け、又は借り受けた者は、当該届出をした者の地位を承継する。
2  第十二条の三の規定による届出をした者について相続、合併又は分割(その届出に係る特定施設を承継させるものに限る。)があつたときは、相続人、合併後存続する法人若しくは合併により設立された法人又は分割により当該特定施設を承継した法人は、当該届出をした者の地位を承継する。
3  前二項の規定により第十二条の三の規定による届出をした者の地位を承継した者は、その承継があつた日から三十日以内に、その旨を公共下水道管理者に届け出なければならない。

(事故時の措置)
第十二条の九  特定事業場から下水を排除して公共下水道を使用する者は、人の健康に係る被害又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある物質又は油として政令で定めるものを含む下水が当該特定事業場から排出され、公共下水道に流入する事故が発生したときは、政令で定める場合を除き、直ちに、引き続く当該下水の排出を防止するための応急の措置を講ずるとともに、速やかに、その事故の状況及び講じた措置の概要を公共下水道管理者に届け出なければならない。
2  公共下水道管理者は、特定事業場から下水を排除して公共下水道を使用する者が前項の応急の措置を講じていないと認めるときは、その者に対し、同項の応急の措置を講ずべきことを命ずることができる。

(流域下水道管理者への通知)
第十二条の十  流域関連公共下水道の管理者は、第十二条の三、第十二条の四、第十二条の七又は第十二条の八第三項の規定による届出を受理したときは当該届出に係る事項を、第十二条の五の規定による命令をしたときは当該命令の内容を、遅滞なく、当該流域関連公共下水道に係る流域下水道(第二条第四号ロに該当する流域下水道(以下「雨水流域下水道」という。)を除く。次項において同じ。)の管理者に通知しなければならない。
2  流域関連公共下水道の管理者は、前条第一項の規定による届出を受理したときは当該届出に係る事項を、同条第二項の規定による命令をしたときは当該命令の内容を、速やかに、当該流域関連公共下水道に係る流域下水道の管理者に通知しなければならない。

(除害施設の設置等)
第十二条の十一  公共下水道管理者は、継続して次に掲げる下水(第十二条の二第一項又は第五項の規定により公共下水道に排除してはならないこととされるものを除く。)を排除して公共下水道を使用する者に対し、条例で、除害施設を設け、又は必要な措置をしなければならない旨を定めることができる。
一  その水質が第十二条の二第二項の政令で定める物質に関し政令で定める基準に適合しない下水
二  その水質(第十二条の二第二項の政令で定める物質に係るものを除く。)が政令で定める基準に従い条例で定める基準に適合しない下水
2  第十二条の二第四項の規定は、前項の条例について準用する。

(水質の測定義務等)
第十二条の十二  継続して政令で定める水質の下水を排除して公共下水道を使用する者で政令で定めるもの及び継続して下水を排除して公共下水道を使用する特定施設の設置者は、国土交通省令で定めるところにより、当該下水の水質を測定し、その結果を記録しておかなければならない。

(排水設備等の検査)
第十三条  公共下水道管理者は、公共下水道若しくは流域下水道の機能及び構造を保全し、又は公共下水道からの放流水若しくは流域下水道からの放流水の水質を第八条の技術上の基準に適合させるために必要な限度において、その職員をして排水区域内の他人の土地又は建築物に立ち入り、排水設備、特定施設、除害施設その他の物件を検査させることができる。ただし、人の住居に使用する建築物に立ち入る場合においては、あらかじめ、その居住者の承諾を得なければならない。
2  前項の規定により、検査を行う職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係者の請求があつたときは、これを提示しなければならない。
3  第一項の規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。

(使用制限)
第十四条  公共下水道管理者は、公共下水道に関する工事を施行する場合、第二十五条の七第二項の規定による通知を受けた場合その他やむを得ない理由がある場合には、排水区域の全部又は一部の区域を指定して、当該公共下水道の使用を一時制限することができる。
2  公共下水道管理者は、前項の規定により公共下水道の使用を制限しようとするときは、使用を制限しようとする区域及び期間並びに時間制限をする場合にあつてはその時間をあらかじめ関係者に周知させる措置を講じなければならない。

(兼用工作物の工事)
第十五条  公共下水道管理者は、公共下水道の施設が道路、堤防その他の公共の用に供する施設又は工作物(以下これらを「他の工作物」という。)の効用を兼ねるときは、当該他の工作物の管理者との協議により、その者に当該公共下水道の施設に関する工事を施行させ、又は当該公共下水道の施設を維持させることができる。

(公共下水道管理者以外の者の行う工事等)
第十六条  公共下水道管理者以外の者は、公共下水道管理者の承認を受けて、公共下水道の施設に関する工事又は公共下水道の施設の維持を行うことができる。ただし、公共下水道の施設の維持で政令で定める軽微なものについては、承認を受けることを要しない。

(兼用工作物の費用)
第十七条  公共下水道の施設が他の工作物の効用を兼ねるときは、当該公共下水道の施設の管理に要する費用の負担については、公共下水道管理者と当該他の工作物の管理者とが協議して定めるものとする。

(損傷負担金)
第十八条  公共下水道管理者は、公共下水道の施設を損傷した行為により必要を生じた公共下水道の施設に関する工事に要する費用については、その必要を生じた限度において、その行為をした者にその全部又は一部を負担させることができる。

(汚濁原因者負担金)
第十八条の二  公共下水道管理者は、公害健康被害の補償等に関する法律 (昭和四十八年法律第百十一号)第六十二条第一項 の規定により特定賦課金を徴収された場合においては、政令で定めるところにより、当該特定賦課金に係る同法第六条 に規定する指定疾病に影響を与える水質の汚濁の原因である物質を当該公共下水道に排除した特定施設の設置者(過去の設置者を含む。)に当該特定賦課金の納付に要する費用の全部又は一部を負担させることができる。

(工事負担金)
第十九条  公共下水道管理者は、政令で定めるところにより算出した量以上の下水を排除することができる排水設備が設けられることにより、公共下水道の改築を行うことが必要となつたときは、その必要を生じた限度において、当該工事に要する費用の一部を当該排水設備を設ける者に負担させることができる。

(使用料)
第二十条  公共下水道管理者は、条例で定めるところにより、公共下水道を使用する者から使用料を徴収することができる。
2  使用料は、次の原則によつて定めなければならない。
一  下水の量及び水質その他使用者の使用の態様に応じて妥当なものであること。
二  能率的な管理の下における適正な原価をこえないものであること。
三  定率又は定額をもつて明確に定められていること。
四  特定の使用者に対し不当な差別的取扱をするものでないこと。
3  公害防止事業費事業者負担法 (昭和四十五年法律第百三十三号)の規定に基づき事業者がその設置の費用の一部を負担した公共下水道について当該事業者及びその他の事業者から徴収する使用料は、政令で定める基準に従い、当該事業者が同法 の規定に基づいてした費用の負担を勘案して定めなければならない。

(放流水の水質検査等)
第二十一条  公共下水道管理者は、政令で定めるところにより、公共下水道からの放流水の水質検査を行い、その結果を記録しておかなければならない。
2  公共下水道管理者は、政令で定めるところにより、終末処理場の維持管理をしなければならない。

(発生汚泥等の処理)
第二十一条の二  公共下水道管理者は、汚水ます、終末処理場その他の公共下水道の施設から生じた汚泥等のたい積物その他の政令で定めるもの(次項において「発生汚泥等」という。)については、公共下水道の施設の円滑な維持管理を図るため、政令で定める基準に従い、適切に処理するほか、有毒物質の拡散を防止するため、政令で定める基準に従い、適正に処理しなければならない。
2  公共下水道管理者は、発生汚泥等の処理に当たつては、脱水、焼却、再生利用等によりその減量に努めなければならない。

(設計者等の資格)
第二十二条  公共下水道管理者は、公共下水道を設置し、又は改築する場合(政令で定める場合を除く。)においては、その設計(その者の責任において設計図書を作成することをいう。)又はその工事の監督管理(その者の責任において工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかどうかを確認することをいう。)については、政令で定める資格を有する者以外の者に行わせてはならない。
2  公共下水道管理者は、公共下水道の維持管理のうち政令で定める事項については、政令で定める資格を有する者以外の者に行なわせてはならない。

(公共下水道台帳)
第二十三条  公共下水道管理者は、その管理する公共下水道の台帳(以下「公共下水道台帳」という。)を調製し、これを保管しなければならない。
2  公共下水道台帳の記載事項その他その調製及び保管に関し必要な事項は、国土交通省令・環境省令で定める。
3  公共下水道管理者は、公共下水道台帳の閲覧を求められた場合においては、これを拒むことができない。

(行為の制限等)
第二十四条  次に掲げる行為(政令で定める軽微な行為を除く。)をしようとする者は、条例で定めるところにより、公共下水道管理者の許可を受けなければならない。許可を受けた事項の変更(条例で定める軽微な変更を除く。)をしようとするときも、同様とする。
一  公共下水道の排水施設の開渠である構造の部分に固着し、若しくは突出し、又はこれを横断し、若しくは縦断して施設又は工作物その他の物件を設けること(第十条第一項の規定により排水設備を当該部分に固着して設ける場合を除く。)。
二  公共下水道の排水施設の開渠である構造の部分の地下に施設又は工作物その他の物件を設けること。
三  公共下水道の排水施設の暗渠である構造の部分に固着して排水施設を設けること(第十条第一項の規定により排水設備を設ける場合を除く。)。
2  公共下水道管理者は、前項の許可の申請があつた場合において、その申請に係る事項が必要やむを得ないものであり、かつ、政令で定める技術上の基準に適合するものであるときは、これを許可しなければならない。
3 公共下水道管理者は、公共下水道の排水施設の暗渠である構造の部分には、排水施設を固着して設ける場合、あらかじめ他の施設又は工作物その他の物件の管理者と協議して共用の暗渠を設ける場合及び国、地方公共団体、電気通信事業法 (昭和五十九年法律第八十六号)第百二十条第一項 に規定する認定電気通信事業者その他政令で定める者が設置する電線その他公共下水道の管理上著しい支障を及ぼすおそれのないものとして政令で定めるものを固着し、若しくは突出し、又はこれを横断し、若しくは縦断して設ける場合を除き、何人に対しても、いかなる施設又は工作物その他の物件も設けさせてはならない。

(条例で規定する事項)
第二十五条  この法律又はこの法律に基く命令で定めるもののほか、公共下水道の設置その他の管理に関し必要な事項は、公共下水道管理者である地方公共団体の条例で定める。
   

第二章の二 流域下水道

(管理)
第二十五条の二  流域下水道の設置、改築、修繕、維持その他の管理は、都道府県が行なうものとする。
2  前項の規定にかかわらず、市町村は、都道府県と協議して、流域下水道の設置、改築、修繕、維持その他の管理を行なうことができる。

(事業計画の認可)
第二十五条の三  前条の規定により流域下水道を管理する者(以下「流域下水道管理者」という。)は、流域下水道を設置しようとするときは、あらかじめ、政令で定めるところにより、事業計画を定め、国土交通大臣の認可を受けなければならない。
2  都道府県は、前項の事業計画を定めようとするときは、あらかじめ、関係市町村の意見を聴かなければならない。
3  国土交通大臣は、第一項の認可(雨水流域下水道に係るものを除く。)をしようとするときは、政令で定める場合を除き、あらかじめ、保健衛生上の観点からする環境大臣の意見を聴かなければならない。
4  前三項の規定は、流域下水道管理者が第一項の認可を受けた事業計画の変更(政令で定める軽微な変更を除く。)をしようとする場合について準用する。

(事業計画に定めるべき事項)
第二十五条の四  前条第一項の事業計画においては、次に掲げる事項を定めなければならない。
一  排水施設(これを補完する施設を含む。)の配置、構造及び能力
二  終末処理場を設ける場合には、その配置、構造及び能力
三  流域関連公共下水道が接続する位置
四  流域関連公共下水道の予定処理区域(雨水流域下水道に係るものにあつては、予定排水区域。次条第三号において同じ。)
五  工事の着手及び完成の予定年月日
2  前項の事業計画の記載方法その他その記載に関し必要な事項は、国土交通省令で定める。

(認可基準)
第二十五条の五  国土交通大臣は、第二十五条の三第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)の認可をしようとするときは、事業計画が次の基準に適合しているかどうかを審査して、これをしなければならない。
一  流域下水道の配置及び能力が当該地域における降水量、人口その他の下水の量及び水質に影響を及ぼすおそれのある要因、地形及び土地の用途並びに下水の放流先の状況を考慮して適切に定められていること。
二  流域下水道の構造が第二十五条の十において準用する第七条の技術上の基準に適合していること。
三  流域関連公共下水道の予定処理区域が排水施設及び終末処理場(雨水流域下水道に係るものにあつては、排水施設に限る。)の配置及び能力に相応していること。
四  当該地域に関し流域別下水道整備総合計画が定められている場合には、これに適合していること。
五  当該地域に関し都市計画法第二章 の規定により都市計画が定められている場合又は同法第五十九条 の規定により都市計画事業の認可若しくは承認がされている場合には、流域下水道の配置及び工事の時期がその都市計画又は都市計画事業に適合していること。

(供用開始の通知等)
第二十五条の六  流域下水道管理者は、流域下水道の供用を開始しようとするとき、又は終末処理場により下水の処理を開始しようとするときは、あらかじめ、供用又は処理を開始すべき年月日その他国土交通省令で定める事項を当該流域下水道に係る流域関連公共下水道の管理者に通知しなければならない。

(使用制限)
第二十五条の七  流域下水道管理者は、流域下水道に関する工事を施行する場合その他やむを得ない理由がある場合には、流域下水道の全部又は一部を指定してその施設の使用を一時制限することができる。
2  流域下水道管理者は、前項の規定により流域下水道の使用を制限しようとするときは、使用を制限しようとする施設及び期間並びに時間制限をする場合にあつてはその時間をあらかじめ流域関連公共下水道の管理者に通知しなければならない。

(原因調査の要請等)
第二十五条の八  流域下水道管理者は、流域関連公共下水道から流域下水道に流入する下水が、著しく当該流域下水道の施設の機能を妨げ、若しくは当該流域下水道の施設を損傷するおそれがある場合又は当該流域下水道からの放流水の水質を第二十五条の十において準用する第八条の技術上の基準に適合させることを著しく困難にするおそれがある場合においては、当該流域関連公共下水道の管理者に対し、期限を定めて、その原因を調査し、調査の結果を報告するように求めることができる。
2  流域下水道管理者は、前項の規定による報告を受けた場合において必要があると認めるときは、当該流域関連公共下水道の管理者に対し、第十二条第一項、第十二条の二第三項又は第十二条の十一第一項の条例の制定その他必要な措置をとるべきことを求めることができる。

(他の施設等の設置の制限)
第二十五条の九  流域下水道管理者は、流域関連公共下水道を接続する場合、あらかじめ他の施設又は工作物その他の物件の管理者と協議して共用の暗渠を設ける場合、国、地方公共団体、電気通信事業法第百二十条第一項 に規定する認定電気通信事業者その他第二十四条第三項 の政令で定める者が設置する電線その他流域下水道の管理上著しい支障を及ぼすおそれのないものとして政令で定めるものを固着し、若しくは突出し、又は流域下水道の施設を横断し、若しくは縦断して設ける場合その他政令で定める場合を除き、何人に対しても、流域下水道の施設にいかなる施設又は工作物その他の物件も設けさせてはならない。

(準用規定)
第二十五条の十  第七条、第八条、第十一条の二、第十二条から第十二条の九まで、第十二条の十一から第十三条まで、第十五条から第十八条の二まで、第二十一条から第二十三条まで及び第二十五条の規定は、流域下水道(雨水流域下水道を除く。)について準用する。この場合において、第十三条第一項中「排水区域内の他人の土地又は建築物に立ち入り、排水設備、特定施設、」とあるのは「他人の土地又は建築物に立ち入り、流域下水道(雨水流域下水道を除く。)に接続する排水施設、特定施設又は」と、第十八条の二中「当該公共下水道」とあるのは「当該流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この条において同じ。)又は当該流域下水道に係る流域関連公共下水道」と読み替えるものとする。
2  第七条、第八条、第十五条から第十八条まで、第二十一条第一項、第二十二条、第二十三条及び第二十五条の規定は、雨水流域下水道について準用する。
   

第三章 都市下水路

(管理)
第二十六条  都市下水路の設置、改築、修繕、維持その他の管理は、市町村が行うものとする。
2  前項の規定にかかわらず、都道府県は、二以上の市町村が受益し、かつ、関係市町村のみでは管理することが困難であると認められる場合においては、関係市町村と協議して、当該都市下水路の設置、改築、修繕、維持その他の管理を行うことができる。この場合において、関係市町村が協議に応じようとするときは、あらかじめその議会の議決を経なければならない。

(指定)
第二十七条  前条の規定により都市下水路を管理する者(以下「都市下水路管理者」という。)は、下水道を都市下水路として指定するときは、都市下水路となるべき下水道の区域を公示し、かつ、これを表示した図面を当該都市下水路管理者である地方公共団体の事務所において一般の縦覧に供しなければならない。公示した事項を変更するときも、同様とする。
2  都市下水路管理者は、前項の指定をしようとする場合において、当該指定に係る区域の全部又は一部がかんがい排水施設の用を兼ねているときは、あらかじめ当該指定に関係のある土地改良区(土地改良区の存しない地域にあつては、農業協同組合その他の水利関係団体)の意見をきかなければならない。

(管理の基準等)
第二十八条  都市下水路管理者は、当該都市下水路の機能を十分に維持するように管理しなければならない。
2  都市下水路の構造及び維持管理に関して必要な技術上の基準は、政令で定める。

(行為の制限等)
第二十九条  次に掲げる行為(政令で定める軽微な行為を除く。)をしようとする者は、条例で定めるところにより、都市下水路管理者の許可を受けなければならない。許可を受けた事項の変更(条例で定める軽微な変更を除く。)をしようとするときも、同様とする。
一  都市下水路に固着し、若しくは突出し、又はこれを横断し、若しくは縦断して施設又は工作物その他の物件を設けること。
二  都市下水路の地下に施設又は工作物その他の物件を設けること。
2  都市下水路管理者は、前項の許可の申請があつた場合において、その申請に係る事項が必要やむを得ないものであり、かつ、政令で定める技術上の基準に適合するものであるときは、これを許可しなければならない。
3  都市下水路の指定の際現に当該都市下水路に関し、権原に基き、第一項各号に規定する施設又は工作物その他の物件を設けている者(工事中の者を含む。)は、従前と同様の条件により、当該施設又は工作物その他の物件の設置について同項の許可を受けたものとみなす。

(都市下水路に接続する特定排水施設の構造)
第三十条  次に掲げる事業所の当該都市下水路に接続する排水施設の構造は、建築基準法 その他の法令の規定の適用がある場合においてはそれらの法令の規定によるほか、政令で定める技術上の基準によらなければならない。
一  工場その他の事業所(一団地の住宅経営、社宅その他これらに類する施設を含む。以下この条において同じ。)で政令で定める量以上の下水を同一都市下水路に排除するもの
二  工場その他の事業所で政令で定める水質の下水を政令で定める量以上に同一都市下水路に排除するもの
2  前項の規定は、都市下水路の指定の際現に当該都市下水路に接続する排水施設については、同項の事業所について政令で定める大規模な増築又は改築をする場合を除き、適用しない。

(準用規定)
第三十一条  第十五条から第十八条まで、第二十三条及び第二十五条の規定は、都市下水路について準用する。この場合において、第二十三条第二項中「国土交通省令・環境省令」とあるのは、「国土交通省令」と読み替えるものとする。
   

第四章 雑則

(市町村の負担金)
第三十一条の二  第三条第二項又は第二十五条の二第一項の規定により公共下水道又は流域下水道を管理する都道府県は、当該公共下水道又は流域下水道により利益を受ける市町村に対し、その利益を受ける限度において、その設置、改築、修繕、維持その他の管理に要する費用の全部又は一部を負担させることができる。
2  前項の費用について同項の規定により市町村が負担すべき金額は、当該市町村の意見をきいたうえ、当該都道府県の議会の議決を経て定めなければならない。

(窒素含有量又は燐含有量の削減に係る負担金)
第三十一条の三  第二条の二第五項の規定により流域別下水道整備総合計画に記載された事項に係る高度処理終末処理場を管理する地方公共団体は、当該流域別下水道整備総合計画に記載されたところにより、当該高度処理終末処理場の設置、改築、修繕、維持その他の管理に要する費用の一部を他の地方公共団体に負担させることができる。

(他人の土地の立入又は一時使用)
第三十二条  公共下水道管理者、流域下水道管理者若しくは都市下水路管理者又はその命じた者若しくは委任を受けた者は、公共下水道、流域下水道又は都市下水路に関する調査、測量若しくは工事又は公共下水道、流域下水道若しくは都市下水路の維持のためやむを得ない必要があるときは、他人の土地に立ち入り、又は特別の用途のない他人の土地を材料置場若しくは作業場として一時使用することができる。
2  前項の規定により他人の土地に立ち入ろうとするときは、あらかじめ当該土地の占有者にその旨を通知しなければならない。ただし、あらかじめ通知することが困難であるときは、この限りでない。
3  第一項の規定により宅地又はかき、さく等で囲まれた土地に立ち入ろうとするときは、立入の際あらかじめその旨を当該土地の占有者に告げなければならない。
4  日出前又は日没後においては、占有者の承諾があつた場合を除き、前項に規定する土地に立ち入つてはならない。
5  第一項の規定により他人の土地に立ち入ろうとする者は、その身分を示す証明書を携帯し、関係者の請求があつたときは、これを提示しなければならない。
6  第一項の規定により特別の用途のない他人の土地を材料置場又は作業場として一時使用しようとするときは、あらかじめ、当該土地の占有者及び所有者に通知して、その者の意見をきかなければならない。
7  土地の占有者又は所有者は、正当な理由がない限り、第一項の規定による立入又は一時使用を拒み、又は妨げてはならない。
8  公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者は、第一項の規定による立入又は一時使用によつて損失を受けた者に対し、通常生ずべき損失を補償しなければならない。
9  前項の規定による損失の補償については、公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者と損失を受けた者とが協議しなければならない。
10  前項の協議が成立しないときは、公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者は、自己の見積つた金額を損失を受けた者に支払わなければならない。この場合において、当該金額について不服がある者は、政令で定めるところにより、補償金額の支払を受けた日から三十日以内に収用委員会に土地収用法 (昭和二十六年法律第二百十九号)第九十四条 の規定による裁決を申請することができる。

(許可又は承認の条件)
第三十三条  この法律の規定による許可又は承認には、条件を附することができる。
2  前項の条件は、許可又は承認に係る事項の確実な実施を図るため必要な最小限度のものに限り、かつ、許可又は承認を受けた者に不当な義務を課することとならないものでなければならない。

(公共下水道、流域下水道及び都市下水路に関する費用の補助)
第三十四条  国は、公共下水道、流域下水道又は都市下水路の設置又は改築を行う地方公共団体に対し、予算の範囲内において、政令で定めるところにより、その設置又は改築に要する費用の一部を補助することができる。

(公共下水道及び流域下水道に関する資金の融通)
第三十五条  国は、公共下水道又は流域下水道の設置又は改築を行なう地方公共団体に対し、これに必要な資金の融通に努めるものとする。

(国有地の無償貸付等)
第三十六条  普通財産である国有地は、公共下水道、流域下水道又は都市下水路の用に供する場合においては、国有財産法 (昭和二十三年法律第七十三号)第二十二条 又は第二十八条 の規定にかかわらず、当該公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者である地方公共団体に無償で貸し付け、又は譲与することができる。

(国土交通大臣又は環境大臣の指示)
第三十七条  国土交通大臣(政令で定める下水道に係るものにあつては、都道府県知事)は、公衆衛生上重大な危害が生じ、又は公共用水域の水質に重大な影響が及ぶことを防止するため緊急の必要があると認めるときは、公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者に対し、公共下水道、流域下水道又は都市下水路の工事又は維持管理に関して必要な指示をすることができる。
2  国土交通大臣は、前項の規定により都道府県知事が指示をするべき下水道については、都道府県知事に対し、必要な指示をするべきことを指示することができる。
3  環境大臣(政令で定める下水道に係るものにあつては、都道府県知事)は、公衆衛生上重大な危害が生じ、又は公共用水域の水質に重大な影響が及ぶことを防止するため緊急の必要があると認めるときは、公共下水道管理者又は流域下水道管理者に対し、終末処理場の維持管理に関して必要な指示をすることができる。

(改善命令等)
第三十七条の二  公共下水道管理者又は流域下水道管理者は、特定事業場から下水を排除して公共下水道又は流域下水道(終末処理場を設置しているものに限る。)を使用する者が、その水質が当該公共下水道又は流域下水道への排出口において第十二条の二第一項(第二十五条の十第一項において準用する場合を含む。)の政令で定める基準又は第十二条の二第三項(第二十五条の十第一項において準用する場合を含む。)の規定による条例で定める基準に適合しない下水を排除するおそれがあると認めるときは、その者に対し、期限を定めて、特定施設の構造若しくは使用の方法若しくは特定施設から排出される汚水の処理の方法の改善を命じ、又は特定施設の使用若しくは当該公共下水道若しくは流域下水道への下水の排除の停止を命ずることができる。ただし、第十二条の二第六項本文(第二十五条の十第一項において準用する場合を含む。)の規定の適用を受ける者に対しては、この限りでない。

(公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者の監督処分等)
第三十八条  公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、この法律の規定によつてした許可若しくは承認を取り消し、若しくはその条件を変更し、又は行為若しくは工事の中止、変更その他の必要な措置を命ずることができる。
一  この法律(第十一条の三第一項及び第十二条の九第一項(第二十五条の十第一項において準用する場合を含む。)の規定を除く。)又はこの法律に基づく命令若しくは条例の規定に違反している者
二  この法律の規定による許可又は承認に付した条件に違反している者
三  偽りその他不正な手段により、この法律の規定による許可又は承認を受けた者
2  公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、この法律の規定による許可又は承認を受けた者に対し、前項に規定する処分をし、又は同項に規定する必要な措置を命ずることができる。
一  公共下水道、流域下水道又は都市下水路に関する工事のためやむを得ない必要が生じた場合
二  公共下水道、流域下水道又は都市下水路の保全上又は一般の利用上著しい支障が生じた場合
三  前二号に掲げる場合のほか、公共下水道、流域下水道又は都市下水路の管理上の理由以外の理由に基づく公益上やむを得ない必要が生じた場合
3  前二項の規定により必要な措置を命じようとする場合において、過失がなくてその措置を命ぜられるべき者を確知することができないときは、公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者は、その措置を自ら行い、又はその命じた者若しくは委任した者に行わせることができる。この場合においては、相当の期限を定めて、その措置を行うべき旨及びその期限までにその措置を行わないときは、公共下水道管理者、流域下水道管理者若しくは都市下水路管理者又はその命じた者若しくは委任した者がその措置を行うべき旨をあらかじめ公示しなければならない。
4  公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者は、第二項の規定による処分又は命令により損失を受けた者に対し、通常生ずべき損失を補償しなければならない。
5  第三十二条第九項及び第十項の規定は、前項の補償について準用する。
6  公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者は、第四項の規定による補償の原因となつた損失が第二項第三号の規定による処分又は命令によるものであるときは、当該補償金額を当該理由を生じさせた者に負担させることができる。

(報告の徴収)
第三十九条  国土交通大臣(政令で定める場合にあつては、都道府県知事)は、この法律を施行するため必要な限度において、公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者から必要な報告を徴することができる。
2  環境大臣(政令で定める場合にあつては、都道府県知事)は、終末処理場の維持管理に関し、この法律を施行するため必要な限度において、公共下水道管理者又は流域下水道管理者から必要な報告を徴することができる。

第三十九条の二  公共下水道管理者又は流域下水道管理者は、公共下水道又は流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この条において同じ。)を適正に管理するため必要な限度において、継続して政令で定める水質の下水を排除して公共下水道又は流域下水道を使用する者で政令で定めるもの及び継続して下水を排除して公共下水道又は流域下水道を使用する特定施設の設置者から、その下水を排除する事業場等の状況、除害施設又はその排除する下水の水質に関し必要な報告を徴することができる。

(権限の委任)
第四十条  この法律に規定する国土交通大臣の権限は、国土交通省令で定めるところにより、その一部を地方整備局長又は北海道開発局長に委任することができる。
2  この法律に規定する環境大臣の権限は、環境省令で定めるところにより、その一部を地方環境事務所長に委任することができる。

(国等の特例)
第四十一条  国又は地方公共団体が第二十四条第一項又は第二十九条第一項に規定する行為をしようとするときは、これらの規定にかかわらず、公共下水道管理者又は都市下水路管理者とあらかじめ協議することをもつて足りる。

(特別区に関する読替)
第四十二条  特別区の存する区域においては、この法律の規定(第二十五条の二第二項、第二十五条の三第二項及び第三十一条の二の規定を除く。)中「市町村」とあるのは、「都」と読み替えるものとする。
2  前項の規定にかかわらず、特別区は、都と協議して、主として当該特別区の住民の用に供する下水道の設置、改築、修繕、維持その他の管理を行うものとする。

(異議申立てに対して決定をすべき期間)
第四十三条  この法律の規定により公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者がした処分についての異議申立てに対する決定は、異議申立てを受理した日から三十日以内にしなければならない。

(経過措置)
第四十四条  この法律の規定に基づき命令を制定し、又は改廃する場合においては、その命令で、その制定又は改廃に伴い合理的に必要と判断される範囲内において、所要の経過措置(罰則に関する経過措置を含む。)を定めることができる。
   

第五章 罰則

第四十五条  公共下水道、流域下水道又は都市下水路の施設を損壊し、その他公共下水道、流域下水道又は都市下水路の施設の機能に障害を与えて下水の排除を妨害した者は、五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
2  みだりに公共下水道、流域下水道又は都市下水路の施設を操作し、よつて下水の排除を妨害した者は、二年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

第四十六条  第十二条の五(第二十五条の十第一項において準用する場合を含む。)若しくは第三十七条の二の規定による公共下水道管理者若しくは流域下水道管理者の命令又は第三十八条第一項若しくは第二項の規定による公共下水道管理者、流域下水道管理者若しくは都市下水路管理者の命令に違反した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

第四十六条の二  次の各号のいずれかに該当する者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
一  第十二条の二第一項又は第五項(第二十五条の十第一項においてこれらの規定を準用する場合を含む。)の規定に違反した者
二  第十二条の九第二項(第二十五条の十第一項において準用する場合を含む。)の規定による命令に違反した者
2  過失により前項第一号の罪を犯した者は、三月以下の禁錮又は二十万円以下の罰金に処する。

第四十七条  第三十二条第七項の規定に違反して土地の立入り又は一時使用を拒み、又は妨げた者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

第四十七条の二  第十二条の三第一項又は第十二条の四(第二十五条の十第一項においてこれらの規定を準用する場合を含む。)の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者は、三月以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

第四十八条  第十一条の三第三項又は第四項の規定による命令に違反した者は、三十万円以下の罰金に処する。

第四十九条  次の各号のいずれかに該当する者は、二十万円以下の罰金に処する。
一  第十一条の二又は第十二条の三第二項若しくは第三項(第二十五条の十第一項においてこれらの規定を準用する場合を含む。)の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者
二  第十二条の六第一項(第二十五条の十第一項において準用する場合を含む。)の規定に違反した者
三  第十二条の十二(第二十五条の十第一項において準用する場合を含む。)の規定による記録をせず、又は虚偽の記録をした者
四  第十三条第一項(第二十五条の十第一項において準用する場合を含む。)の規定による検査を拒み、妨げ、又は忌避した者
五  第三十九条の二の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をした者

第五十条  法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して第四十六条から前条までの違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の罰金刑を科する。

第五十一条  第十二条の七又は第十二条の八第三項(第二十五条の十第一項においてこれらの規定を準用する場合を含む。)の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者は、十万円以下の過料に処する。

   
附 則 抄

(施行期日)
第一条  この法律は、公布の日から起算して一年をこえない範囲内において政令で定める日から施行する。

(下水道法の廃止)
第二条  下水道法(明治三十三年法律第三十二号。以下「旧法」という。)は、廃止する。

(公共下水道に関する経過措置)
第三条  この法律(以下この条及び次条において「新法」という。)の施行前に市町村が旧法第二条の規定による認可を受けて築造した又は築造中の下水道(以下「既設公共下水道」という。)は、当該市町村が新法第四条の規定による事業計画の認可を受けて設置した又は設置中の公共下水道とみなす。
2  新法第七条の規定は、既設公共下水道については、これを改築する場合を除き、適用しない。
3  新法の施行の際現に供用を開始している既設公共下水道については、旧法第三条の規定に基き当該既設公共下水道により下水を排除すべき地域を新法第二条第六号に規定する排水区域とみなす。
4  新法の施行の際現に処理を開始している終末処理場については、附則第六条の規定による改正前の建築基準法第三十一条第三項の規定により特定行政庁が指定した区域を新法第二条第七号に規定する処理区域とみなす。
5  新法の施行の際現に既設公共下水道に関し、権原に基き、新法第二十四条第一項各号に規定する施設又は工作物その他の物件を設けている者(工事中の者を含む。)は、従前と同様の条件により、当該施設又は工作物その他の物件の設置について同項の許可を受けたものとみなす。
6  新法の施行の際現に既設公共下水道の排水施設の暗渠である構造の部分に関し、権原に基き、施設又は工作物その他の物件を設けている者(工事中の者を含む。)については、新法第二十四条第三項に規定する場合を除き、公共下水道管理者は、同項の規定にかかわらず、その権原に基いてなお当該施設又は工作物その他の物件を設けることができるものとされている期間に限り、従前と同様の条件により、当該施設又は工作物その他の物件を設けさせることができる。

(旧法に基く処分等に関する経過措置)
第四条  新法の施行前に旧法又は旧法に基く命令の規定によつてした処分、手続その他の行為は、新法の適用については、新法中これらの規定に相当する規定がある場合には、新法の規定によつてしたものとみなす。

(国の無利子貸付け等)
第五条  国は、当分の間、地方公共団体に対し、第三十四条の規定により国がその費用について補助することができる公共下水道、流域下水道又は都市下水路の設置又は改築で日本電信電話株式会社の株式の売払収入の活用による社会資本の整備の促進に関する特別措置法(昭和六十二年法律第八十六号)第二条第一項第二号に該当するものに要する費用に充てる資金について、予算の範囲内において、第三十四条の規定(この規定による国の補助の割合について、この規定と異なる定めをした法令の規定がある場合には、当該異なる定めをした法令の規定を含む。以下同じ。)により国が補助することができる金額に相当する金額を無利子で貸し付けることができる。
2  前項の国の貸付金の償還期間は、五年(二年以内の据置期間を含む。)以内で政令で定める期間とする。
3  前項に定めるもののほか、第一項の規定による貸付金の償還方法、償還期限の繰上げその他償還に関し必要な事項は、政令で定める。
4  国は、第一項の規定により、地方公共団体に対し貸付けを行つた場合には、当該貸付けの対象である同項の設置又は改築について、第三十四条の規定による当該貸付金に相当する金額の補助を行うものとし、当該補助については、当該貸付金の償還時において、当該貸付金の償還金に相当する金額を交付することにより行うものとする。
5  地方公共団体が、第一項の規定による貸付けを受けた無利子貸付金について、第二項及び第三項の規定に基づき定められる償還期限を繰り上げて償還を行つた場合(政令で定める場合を除く。)における前項の規定の適用については、当該償還は、当該償還期限の到来時に行われたものとみなす。

  

附 則 (平成一七年六月二二日法律第七〇号) 抄

(施行期日)
第一条  この法律は、公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。

(流域別下水道整備総合計画に関する経過措置)
第二条  この法律の施行の日以後この法律による改正後の下水道法(以下「新法」という。)第二条の二第一項の規定に基づき新法第二条の二第二項第五号の公共の水域又は海域ごとに流域別下水道整備総合計画が定められるまでの間においては、この法律の施行の際現にこの法律による改正前の下水道法第二条の二第一項の規定に基づき当該公共の水域又は海域について定められている流域別下水道整備総合計画を新法第二条の二第一項の規定に基づき定められた流域別下水道整備総合計画とみなす。

(罰則に関する経過措置)
第三条  この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

(検討)
第四条  政府は、この法律の施行後五年を目途として、新法第十二条の九の規定の施行の状況を勘案し、必要があると認めるときは、当該規定について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。

 

施行令

下水道法施行令
(昭和三十四年四月二十二日政令第百四十七号)

最終改正:平成一八年一一月一〇日政令第三五四号


 内閣は、下水道法 (昭和三十三年法律第七十九号)第二条第三号 及び第四号 、第四条 、第八条 、第十条第一項 及び第三項 、第十二条第一項 、第十六条 (第三十一条において準用する場合を含む。)、第十九条 、第二十一条 、第二十二条 、第二十四条第一項 及び第二項 、第二十八条第二項 (都市下水路の維持管理に係る部分に限る。)、第二十九条第一項 及び第二項 、第三十条 、第三十二条第十項 (第三十八条第六項において準用する場合を含む。)並びに第四十条 の規定に基き、この政令を制定する。


(都市下水路の最小規模)
第一条  下水道法 (以下「法」という。)第二条第五号 に規定する政令で定める規模は、次の各号に掲げる区分に応じそれぞれ当該各号に掲げるものとする。
一  主として製造業(物品の加工修理業を含む。以下同じ。)、ガス供給業又は鉱業の用に供する施設から排除される汚水を排除し、又は処理するために設けられるもの
              当該下水道の始まる箇所における排水管の内径又は排水渠の内のり幅(壁の上端において計るものとする。以下同じ。)が二百五十ミリメートルで、かつ、当該下水道の終る箇所における管渠(排水管又は排水渠をいう。以下同じ。)の排除することができる下水の量が一日に一万立方メートルのもの
二  その他のもの
              当該下水道の始まる箇所における管渠の内径又は内のり幅が五百ミリメートルで、かつ、地形上当該下水道により雨水を排除することができる地域の面積が十ヘクタールのもの

(流域別下水道整備総合計画を定めるべき公共の水域又は海域の要件)
第二条  法第二条の二第一項 に規定する政令で定める要件は、同項 の水質環境基準が定められた河川その他の公共の水域又は海域の水質の汚濁が二以上の市町村の区域における汚水によるものであり、かつ、当該公共の水域又は海域の環境上の条件を主として下水道の整備によつて当該水質環境基準に達せしめる必要があることとする。

(排出される下水の窒素含有量又は燐含有量を削減する必要がある公共の水域又は海域の要件)
第二条の二  法第二条の二第二項第五号 に規定する政令で定める要件は、次のとおりとする。
一  窒素含有量又は燐含有量が、当該公共の水域又は海域について定められたこれらについての法第二条の二第一項 の水質環境基準に現に適合しておらず、又は適合しないこととなるおそれが高いと認められること。
二  当該公共の水域又は海域の閉鎖性、水量その他の自然的条件からみて、当該公共の水域又は海域に排出される下水に含まれる窒素又は燐が滞留しやすい状況にあると認められること。

(高度処理終末処理場から放流する下水の窒素含有量又は燐含有量に係る水質の基準)
第二条の三  法第二条の二第四項 に規定する政令で定める基準は、第六条第一項又は第三項の規定により、窒素含有量及び燐含有量について放流水の水質の技術上の基準として定められた数値(当該数値の上限が一リットルにつきそれぞれ二十ミリグラム及び三ミリグラムを超える場合並びに当該数値が定められていない場合にあつては、それぞれ二十ミリグラム以下及び三ミリグラム以下)とする。

(事業計画の決定及び変更)
第三条  公共下水道管理者は、法第四条第一項 の規定により、事業計画を定め、又は認可を受けた事業計画の変更(第五条の軽微な変更を除く。)をしようとするときは、あらかじめ、その決定又は変更に係る予定処理区域又は工事の着手若しくは完成の予定年月日を公示して、これらの事項に関し利害関係人に意見を申し出る機会を与えなければならない。

(公共下水道に係る事業計画の認可の申請)
第四条  公共下水道管理者は、法第四条第一項 の規定により事業計画の認可を受けようとするときは、申請書に事業計画を記載した書類(事業計画の変更の認可を受けようとするときは、その変更を明らかにする書類)及び次の各号に掲げる事項(事業計画の変更の認可を受けようとするときは、その変更に係るものに限る。)を記載した書類を添付し、これを国土交通大臣(次条に規定する事業計画にあつては、都道府県知事)に提出しなければならない。この場合において、市町村が国土交通大臣に申請書を提出するときは、都道府県知事を経由しなければならない。
一  予定処理区域及びその周辺の地域の地形及び土地の用途
二  計画下水量及びその算出の根拠
三  公共下水道からの放流水及び処理施設において処理すべき、又は流域関連公共下水道から流域下水道に流入する下水の予定水質並びにその推定の根拠
四  下水の放流先の状況
五  毎会計年度の工事費の予定額及びその予定財源

(都道府県知事が認可する事業計画)
第四条の二  法第四条第一項 に規定する政令で定める事業計画は、次に掲げるものとする。
一  都道府県以外の地方公共団体が設置する公共下水道の事業計画のうち、次に掲げるもの
イ 予定処理区域(予定処理区域を拡張する変更に係るものにあつては、変更後の予定処理区域)の面積が百ヘクタール以下の公共下水道の事業計画
ロ 流域下水道(雨水流域下水道を除く。)に接続する公共下水道の事業計画
ハ 次条第二号(処理施設に係る吐口の配置の変更以外の変更に限る。)、第三号又は第五号に掲げる変更のみの変更に係る事業計画
二  前号に掲げるもののほか、都道府県及び地方自治法 (昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項 の指定都市(以下「指定都市」という。)以外の地方公共団体が設置する公共下水道の事業計画

(認可を要しない事業計画の軽微な変更)
第五条  法第四条第一項 に規定する政令で定める軽微な変更は、次の各号のいずれかに該当する変更及びこれに関連する変更以外のものとする。
一  予定処理区域の変更
二  公共下水道からの放流水の吐口で国土交通省令で定める主要な管渠、処理施設及び国土交通省令で定めるポンプ施設に係るものの配置の変更
三  国土交通省令で定める主要な管渠(これを補完する貯留施設を含む。)の配置、構造又は能力の変更。ただし、同一の建築基準法 (昭和二十五年法律第二百一号)第四十二条 に規定する道路内における位置の変更を除く。
四  処理施設(これを補完する施設を含む。)の新設又は配置若しくは下水の処理能力の変更
五  ポンプ施設の新設又は配置若しくは能力の変更
六  工事の着手又は完成の予定年月日の同一会計年度外にわたる変更

(環境大臣の意見を聴くことを要しない場合)
第五条の二  法第四条第二項 に規定する政令で定める場合は、次に掲げる場合とする。
一  予定処理区域の面積が百ヘクタール以下の公共下水道に係る認可(予定処理区域の拡張に係る事業計画の変更の認可にあつては、変更後の予定処理区域の面積が百ヘクタールを超える場合を除く。)をしようとする場合
二  流域下水道(雨水流域下水道を除く。)に接続する公共下水道に係る認可をしようとする場合
三  終末処理場の配置又は下水の処理能力の変更を伴わない事業計画の変更に係る認可をしようとする場合

(公共下水道又は流域下水道の構造の技術上の基準)
第五条の三  法第七条 (法第二十五条の十 において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める公共下水道又は流域下水道の構造の技術上の基準は、次条から第五条の七までに定めるところによる。

(排水施設及び処理施設に共通する構造の技術上の基準)
第五条の四  排水施設(これを補完する施設を含む。次条において同じ。)及び処理施設(これを補完する施設を含む。第五条の六において同じ。)に共通する構造の技術上の基準は、次のとおりとする。
一  堅固で耐久力を有する構造とすること。
二  コンクリートその他の耐水性の材料で造り、かつ、漏水及び地下水の浸入を最少限度のものとする措置が講ぜられていること。ただし、雨水を排除すべきものについては、多孔管その他雨水を地下に浸透させる機能を有するものとすることができる。
三  屋外にあるもの(生活環境の保全又は人の健康の保護に支障が生ずるおそれのないものとして国土交通省令で定めるものを除く。)にあつては、覆い又はさくの設置その他下水の飛散を防止し、及び人の立入りを制限する措置が講ぜられていること。
四  下水の貯留等により腐食するおそれのある部分にあつては、ステンレス鋼その他の腐食しにくい材料で造り、又は腐食を防止する措置が講ぜられていること。
五  地震によつて下水の排除及び処理に支障が生じないよう地盤の改良、可撓継手の設置その他の国土交通大臣が定める措置が講ぜられていること。

(排水施設の構造の技術上の基準)
第五条の五  排水施設の構造の技術上の基準は、前条に定めるもののほか、次のとおりとする。
一  排水管の内径及び排水渠の断面積は、国土交通大臣が定める数値を下回らないものとし、かつ、計画下水量に応じ、排除すべき下水を支障なく流下させることができるものとすること。
二  流下する下水の水勢により損傷するおそれのある部分にあつては、減勢工の設置その他水勢を緩和する措置が講ぜられていること。
三  暗渠その他の地下に設ける構造の部分で流下する下水により気圧が急激に変動する箇所にあつては、排気口の設置その他気圧の急激な変動を緩和する措置が講ぜられていること。
四  暗渠である構造の部分の下水の流路の方向又は勾配が著しく変化する箇所その他管渠の清掃上必要な箇所にあつては、マンホールを設けること。
五  ます又はマンホールには、ふた(汚水を排除すべきます又はマンホールにあつては、密閉することができるふた)を設けること。
六  雨水吐(合流式の公共下水道又は流域下水道の排水施設で雨水の影響が大きい時に下水の一部を河川その他の公共の水域又は海域に放流するものをいう。以下同じ。)の構造は、次に掲げるところによること。
イ 雨水の影響が大きくない時においては当該雨水吐から河川その他の公共の水域又は海域に下水を放流しないように、及び雨水の影響が大きい時においては第六条第二項に規定する放流水の水質の技術上の基準に適合させるため当該雨水吐から河川その他の公共の水域又は海域に放流する下水の量を減ずるように、適切な高さの堰の設置その他の措置が講ぜられていること。
ロ 雨水吐からのきよう雑物の流出を最少限度のものとするように、スクリーンの設置その他の措置が講ぜられていること。
七  雨水流域下水道の雨水の流量を調節するための施設は、当該雨水流域下水道に接続する公共下水道の排水区域における降水量、当該雨水の放流先の河川その他の公共の水域又は海域の水位又は潮位その他の状況に応じ、排除する雨水の流量を適切に調節することができる構造とすること。

(処理施設の構造の技術上の基準)
第五条の六  第五条の四に定めるもののほか、処理施設(終末処理場であるものに限る。以下この条において同じ。)の構造の技術上の基準は、次のとおりとする。
一  脱臭施設の設置その他臭気の発散を防止する措置が講ぜられていること。
二  水処理施設(汚泥以外の下水を処理する処理施設をいう。以下同じ。)は、第六条第一項第一号から第三号までに掲げる放流水の水質の技術上の基準に適合するよう下水を処理する性能を有する構造とすること。
三  前号に定めるもののほか、水処理施設は、次の表に掲げる計画放流水質の区分に応じて、それぞれ同表に掲げる方法(当該方法と同程度以上に下水を処理することができる方法を含む。)により下水を処理する構造とすること。
計画放流水質 方法
生物化学的酸素要求量(単位 一リットルにつき五日間にミリグラム) 窒素含有量(単位 一リットルにつきミリグラム) 燐含有量(単位 一リットルにつきミリグラム)
一〇以下 一〇以下 〇・五以下 嫌気無酸素好気法(有機物及び凝集剤を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法
〇・五を超え一以下 嫌気無酸素好気法(有機物及び凝集剤を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法又は循環式硝化脱窒法(有機物及び凝集剤を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法
一を超え三以下 嫌気無酸素好気法(有機物を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法又は循環式硝化脱窒法(有機物及び凝集剤を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法
  嫌気無酸素好気法(有機物を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法又は循環式硝化脱窒法(有機物を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法
一〇を超え二〇以下 一以下 嫌気無酸素好気法(凝集剤を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法又は循環式硝化脱窒法(凝集剤を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法
一を超え三以下 嫌気無酸素好気法に急速濾過法を併用する方法又は循環式硝化脱窒法(凝集剤を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法
嫌気無酸素好気法に急速濾過法を併用する方法又は循環式硝化脱窒法に急速濾過法を併用する方法
  一以下 嫌気無酸素好気法(凝集剤を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法又は嫌気好気活性汚泥法(凝集剤を添加して処理するものに限る。)に急速濾過法を併用する方法
一を超え三以下 嫌気無酸素好気法に急速濾過法を併用する方法又は嫌気好気活性汚泥法に急速濾過法を併用する方法
  標準活性汚泥法に急速濾過法を併用する方法
一〇を超え一五以下 二〇以下 三以下 嫌気無酸素好気法又は循環式硝化脱窒法(凝集剤を添加して処理するものに限る。)
嫌気無酸素好気法又は循環式硝化脱窒法
  三以下 嫌気無酸素好気法又は嫌気好気活性汚泥法
  標準活性汚泥法


四  汚泥処理施設(汚泥を処理する処理施設をいう。以下同じ。)は、汚泥の処理に伴う排気、排液又は残さい物により生活環境の保全又は人の健康の保護に支障が生じないよう国土交通大臣が定める措置が講ぜられていること。
2  前項第三号の「計画放流水質」とは、放流水が適合すべき生物化学的酸素要求量、窒素含有量又は燐含有量に係る水質であつて、下水の放流先の河川その他の公共の水域又は海域の状況等を考慮して、国土交通省令で定めるところにより、公共下水道管理者又は流域下水道管理者が定めるものをいう。

(適用除外)
第五条の七  前三条の規定は、次に掲げる公共下水道又は流域下水道については、適用しない。
一  工事を施行するために仮に設けられる公共下水道又は流域下水道
二  非常災害のために必要な応急措置として設けられる公共下水道又は流域下水道

(放流水の水質の技術上の基準)
第六条  法第八条 (法第二十五条の十 において準用する場合を含む。次項において同じ。)に規定する政令で定める公共下水道又は流域下水道からの放流水の水質の技術上の基準は、雨水の影響の少ない時において、次の各号に掲げる項目について、それぞれ当該各号に定める数値とする。この場合において、当該数値は、国土交通省令・環境省令で定める方法により検定した場合における数値とする。
一  水素イオン濃度 水素指数五・八以上八・六以下
二  大腸菌群数 一立方センチメートルにつき三千個以下
三  浮遊物質量 一リットルにつき四十ミリグラム以下
四  生物化学的酸素要求量、窒素含有量及び燐含有量 第五条の六第二項に規定する計画放流水質に適合する数値
2  前項に定めるもののほか、合流式の公共下水道(流域関連公共下水道を除く。)からの放流水又は合流式の流域下水道及びそれに接続しているすべての合流式の流域関連公共下水道からの放流水の水質についての法第八条 に規定する政令で定める技術上の基準は、国土交通省令・環境省令で定める降雨による雨水の影響が大きい時において、合流式の公共下水道(流域関連公共下水道を除く。)の各吐口又は合流式の流域下水道及びそれに接続しているすべての合流式の流域関連公共下水道の各吐口からの放流水に含まれる生物化学的酸素要求量で表示した汚濁負荷量の総量を、当該各吐口からの放流水の総量で除した数値が、一リットルにつき五日間に四十ミリグラム以下であることとする。この場合において、これらの総量は、国土交通省令・環境省令で定める方法により測定し、又は推計した場合における総量とする。
3  水質汚濁防止法 (昭和四十五年法律第百三十八号)第三条第一項 の規定による環境省令により、又は同条第三項 の規定による条例その他の条例により、第一項各号に掲げる項目について同項各号に定める基準より厳しい排水基準が定められ、又は同項各号に掲げる項目以外の項目についても排水基準が定められている放流水については、同項の規定にかかわらず、その排水基準を当該項目に係る水質の基準とする。
4  前三項の規定によるもののほか、ダイオキシン類対策特別措置法 (平成十一年法律第百五号)第八条第一項 の規定による環境省令により、又は同条第三項 の規定による条例により、同条第一項 の排出基準のうち同法第二条第四項 に規定する排出水に係るもの(以下「水質排出基準」という。)が定められている放流水については、その水質排出基準を同条第一項 に規定するダイオキシン類(以下単に「ダイオキシン類」という。)の量に係る水質の基準とする。

(排水設備の設置を要しない場合)
第七条  法第十条第一項 ただし書に規定する政令で定める場合は、鉱山保安法 (昭和二十四年法律第七十号)第八条第一号 の規定により坑水及び廃水の処理に伴う鉱害の防止のため必要な措置を講じなければならない場合とする。

(排水設備の設置及び構造の技術上の基準)
第八条  法第十条第三項 に規定する政令で定める技術上の基準は、次のとおりとする。
一  排水設備は、公共下水道管理者である地方公共団体の条例で定めるところにより、公共下水道のますその他の排水施設又は他の排水設備に接続させること。
二  排水設備は、堅固で耐久力を有する構造とすること。
三  排水設備は、陶器、コンクリート、れんがその他の耐水性の材料で造り、かつ、漏水を最少限度のものとする措置が講ぜられていること。ただし、雨水を排除すべきものについては、多孔管その他雨水を地下に浸透させる機能を有するものとすることができる。
四  分流式の公共下水道に下水を流入させるために設ける排水設備は、汚水と雨水とを分離して排除する構造とすること。
五  管渠の勾配は、やむを得ない場合を除き、百分の一以上とすること。
六  排水管の内径及び排水渠の断面積は、公共下水道管理者である地方公共団体の条例で定めるところにより、その排除すべき下水を支障なく流下させることができるものとすること。
七  汚水(冷却の用に供した水その他の汚水で雨水と同程度以上に清浄であるものを除く。以下この条において同じ。)を排除すべき排水渠は、暗渠とすること。ただし、製造業又はガス供給業の用に供する建築物内においては、この限りでない。
八  暗渠である構造の部分の次に掲げる箇所には、ます又はマンホールを設けること。
イ もつぱら雨水を排除すべき管渠の始まる箇所
ロ 下水の流路の方向又は勾配が著しく変化する箇所。ただし、管渠の清掃に支障がないときは、この限りでない。
ハ 管渠の長さがその内径又は内のり幅の百二十倍をこえない範囲内において管渠の清掃上適当な箇所
九  ます又はマンホールには、ふた(汚水を排除すべきます又はマンホールにあつては、密閉することができるふた)を設けること。
十  ますの底には、もつぱら雨水を排除すべきますにあつては深さが十五センチメートル以上のどろためを、その他のますにあつてはその接続する管渠の内径又は内のり幅に応じ相当の幅のインバートを設けること。
十一  汚水を一時的に貯留する排水設備には、臭気の発散により生活環境の保全上支障が生じないようにするための措置が講ぜられていること。

(使用開始等の届出を要する下水の量又は水質)
第八条の二  法第十一条の二第一項 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。以下この条において同じ。)に規定する政令で定める量は、当該公共下水道又は当該流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この条において同じ。)を使用しようとする者が最も多量の汚水を排除する一日における当該汚水の量五十立方メートル以上とし、法第十一条の二第一項 に規定する政令で定める水質は、次条第一項第四号に該当する水質又は第九条の十若しくは第九条の十一第一項第三号若しくは第六号若しくは第二項第一号、第二号(ただし書を除く。以下この項において同じ。)若しくは第三号から第五号までに定める基準(法第十二条の十一第一項第二号 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。次項、第九条の十一第一項並びに第二十四条の五第一項及び第二項において同じ。)の規定により当該公共下水道又は当該流域下水道の管理者が条例で第九条の十一第二項第二号 に掲げる基準より厳しい水質の基準を定めている場合にあつては、当該厳しい基準)に適合しない水質とする。
2  水質汚濁防止法第三条第一項 の規定による環境省令により、又は同条第三項 の規定による条例その他の条例により定められた窒素含有量又は燐含有量についての排水基準がその放流水について適用される公共下水道又は流域下水道に下水を排除して当該公共下水道又は当該流域下水道を使用しようとする場合については、法第十一条の二第一項 に規定する政令で定める水質は、前項の規定による水質のほか、第九条の十一第二項第六号又は第七号に掲げる項目に関して同項第六号(ただし書を除く。)又は第七号(ただし書を除く。)に定める基準(法第十二条の十一第一項第二号 の規定により当該公共下水道又は当該流域下水道の管理者が条例でこれらの基準より厳しい水質の基準を定めている場合にあつては、当該厳しい基準)に適合しない水質とする。

(除害施設の設置等に関する条例の基準)
第九条  法第十二条第一項 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。)の規定による条例は、次の各号に掲げる項目に関し、それぞれ当該各号に定める範囲内の水質の下水について定めるものとする。
一  温度         四十五度以上であるもの
二  水素イオン濃度
               水素指数五以下又は九以上であるもの
三  ノルマルヘキサン抽出物質含有量
イ 鉱油類含有量
               一リットルにつき五ミリグラムを超えるもの
ロ 動植物油脂類含有量
               一リットルにつき三十ミリグラムを超えるもの
四  沃素消費量
               一リットルにつき二百二十ミリグラム以上であるもの
2  前項各号に掲げる数値は、国土交通省令・環境省令で定める方法により検定した場合における数値とする。

(下水の排除の制限等の規定が適用されない特定施設)
第九条の二  法第十二条の二第一項 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。次条、第九条の四第一項及び第九条の九第一号において同じ。)に規定する政令で定める特定施設は、水質汚濁防止法施行令 (昭和四十六年政令第百八十八号)別表第一第六十六号の二に掲げる施設(同号ハに掲げる施設のうち温泉法 (昭和二十三年法律第百二十五号)第二条第一項 に規定する温泉を利用するものを除く。)とする。

(適用除外)
第九条の三  法第十二条の二第一項 に規定する政令で定める場合は、次に掲げる場合とする。
一  特定事業場から排除される下水が当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この条において同じ。)からの放流水に係る公共の水域又は海域に直接排除されたとしても、水質汚濁防止法第三条第一項 又はダイオキシン類対策特別措置法第八条第一項 の規定による環境省令(水質汚濁防止法第三条第三項 又はダイオキシン類対策特別措置法第八条第三項 の規定による条例が定められている場合にあつては、当該条例を含む。)により定められた次条第一項各号に掲げる物質に係る排水基準(水質排出基準を含む。以下この号、次条第四項及び第五項並びに第二十条第三号において同じ。)が当該下水について適用されない場合において、当該特定事業場から当該公共下水道又は当該流域下水道にその適用されない排水基準についての物質に係る下水を排除するとき。
二  当該公共下水道又は当該流域下水道の施設として次条第一項に規定する物質の処理施設が設けられている場合において、当該公共下水道管理者又は当該流域下水道管理者が、国土交通省令で定めるところにより、当該処理施設において下水を処理すべき区域として公示した区域内の特定事業場から当該公共下水道又は当該流域下水道に当該物質に係る下水を排除するとき。
三  一の施設が水質汚濁防止法第二条第二項 に規定する特定施設(以下「水質汚濁防止法 特定施設」という。)となつた際現にその施設を設置している者(設置の工事をしている者を含む。)が当該施設を設置している工場又は事業場から公共下水道又は流域下水道に次条第一項第一号から第三十二号までに掲げる物質に係る下水を排除する場合において、次のいずれにも該当しないとき。
イ 当該施設が水質汚濁防止法 特定施設となつた日から六月(第九条の七第一号に掲げる施設である場合にあつては、一年)を経過したとき。
ロ 当該施設が水質汚濁防止法 特定施設となつた際既に当該工場又は事業場が水質汚濁防止法 特定施設を設置する特定事業場であるとき。
ハ その者に適用されている地方公共団体の条例の規定で河川その他の公共の水域又は海域に排除される汚水の水質(ダイオキシン類に係るものを除く。)につき法第十二条の二第一項 に規定する規制に相当するものがあるとき(当該規定の違反行為に対する処罰規定がないときを除く。)。
四  一の施設がダイオキシン類対策特別措置法第十二条第一項第六号 に規定する水質基準対象施設(以下「ダイオキシン類対策法特定施設」という。)となつた際現にその施設を設置している者(設置の工事をしている者を含む。)が当該施設を設置している工場又は事業場から公共下水道又は流域下水道にダイオキシン類に係る下水を排除する場合において、次のいずれにも該当しないとき。
イ 当該施設がダイオキシン類対策法特定施設となつた日から一年を経過したとき。
ロ 当該施設がダイオキシン類対策法特定施設となつた際既に当該工場又は事業場がダイオキシン類対策法特定施設を設置する特定事業場であるとき。
ハ その者に適用されている地方公共団体の条例の規定で河川その他の公共の水域又は海域に排除される汚水の水質(ダイオキシン類に係るものに限る。)につき法第十二条の二第一項 に規定する規制に相当するものがあるとき(当該規定の違反行為に対する処罰規定がないときを除く。)。

(特定事業場からの下水の排除の制限に係る水質の基準)
第九条の四  法第十二条の二第一項 に規定する政令で定める基準は、水質汚濁防止法 特定施設を設置する特定事業場に係るものにあつては第一号 から第三十二号 までに掲げる物質について、ダイオキシン類対策法特定施設を設置する特定事業場に係るものにあつては第三十三号に掲げる物質について、それぞれ当該各号に定める数値とする。
一  カドミウム及びその化合物
               一リットルにつきカドミウム〇・一ミリグラム以下
二  シアン化合物
               一リットルにつきシアン一ミリグラム以下
三  有機燐化合物     一リットルにつき一ミリグラム以下
四  鉛及びその化合物
               一リットルにつき鉛〇・一ミリグラム以下
五  六価クロム化合物
               一リットルにつき六価クロム〇・五ミリグラム以下
六  砒素及びその化合物
               一リットルにつき砒素〇・一ミリグラム以下
七  水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物
               一リットルにつき水銀〇・〇〇五ミリグラム以下
八  アルキル水銀化合物
               検出されないこと。
九  ポリ塩化ビフェニル
               一リットルにつき〇・〇〇三ミリグラム以下
十  トリクロロエチレン
               一リットルにつき〇・三ミリグラム以下
十一  テトラクロロエチレン
               一リットルにつき〇・一ミリグラム以下
十二  ジクロロメタン
               一リットルにつき〇・二ミリグラム以下
十三  四塩化炭素
               一リットルにつき〇・〇二ミリグラム以下
十四  一・二―ジクロロエタン
               一リットルにつき〇・〇四ミリグラム以下
十五  一・一―ジクロロエチレン
               一リットルにつき〇・二ミリグラム以下
十六  シス―一・二―ジクロロエチレン
               一リットルにつき〇・四ミリグラム以下
十七  一・一・一―トリクロロエタン
               一リットルにつき三ミリグラム以下
十八  一・一・二―トリクロロエタン
               一リットルにつき〇・〇六ミリグラム以下
十九  一・三―ジクロロプロペン
               一リットルにつき〇・〇二ミリグラム以下
二十  テトラメチルチウラムジスルフィド(別名チウラム)
               一リットルにつき〇・〇六ミリグラム以下
二十一  二―クロロ―四・六―ビス(エチルアミノ)―s―トリアジン(別名シマジン)
               一リットルにつき〇・〇三ミリグラム以下
二十二  S―四―クロロベンジル=N・N―ジエチルチオカルバマート(別名チオベンカルブ)
               一リットルにつき〇・二ミリグラム以下
二十三  ベンゼン
               一リットルにつき〇・一ミリグラム以下
二十四  セレン及びその化合物
               一リットルにつきセレン〇・一ミリグラム以下
二十五  ほう素及びその化合物
               河川その他の公共の水域を放流先とする公共下水道若しくは流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この条において同じ。)又は当該流域下水道に接続する公共下水道に下水を排除する場合にあつては一リットルにつきほう素十ミリグラム以下、海域を放流先とする公共下水道若しくは流域下水道又は当該流域下水道に接続する公共下水道に下水を排除する場合にあつては一リットルにつきほう素二百三十ミリグラム以下
二十六  ふつ素及びその化合物
               河川その他の公共の水域を放流先とする公共下水道若しくは流域下水道又は当該流域下水道に接続する公共下水道に下水を排除する場合にあつては一リットルにつきふつ素八ミリグラム以下、海域を放流先とする公共下水道若しくは流域下水道又は当該流域下水道に接続する公共下水道に下水を排除する場合にあつては一リットルにつきふつ素十五ミリグラム以下
二十七  フェノール類     一リットルにつき五ミリグラム以下
二十八  銅及びその化合物
               一リットルにつき銅三ミリグラム以下
二十九  亜鉛及びその化合物
               一リットルにつき亜鉛二ミリグラム以下
三十  鉄及びその化合物(溶解性)
               一リットルにつき鉄十ミリグラム以下
三十一  マンガン及びその化合物(溶解性)
               一リットルにつきマンガン十ミリグラム以下
三十二  クロム及びその化合物
               一リットルにつきクロム二ミリグラム以下
三十三  ダイオキシン類 一リットルにつき十ピコグラム以下
2  前項各号に定める数値は、国土交通省令・環境省令で定める方法により検定した場合における数値とする。
3  第一項第三十三号に定める数値は、ダイオキシン類の量をその毒性に応じて国土交通省令・環境省令で定めるところにより二・三・七・八―四塩化ジベンゾ―パラ―ジオキシンの量に換算した数値とする。
4  水質汚濁防止法第三条第三項 又はダイオキシン類対策特別措置法第八条第三項 の規定による条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について第一項に定める基準より厳しい排水基準が定められている場合においては、同項の規定にかかわらず、その排水基準を当該物質に係る水質の基準とする。
5  特定事業場から排除される下水が当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水に係る公共の水域又は海域に直接排除されたとした場合においては、水質汚濁防止法 若しくはダイオキシン類対策特別措置法 の規定による環境省令により、又は水質汚濁防止法第三条第三項 若しくはダイオキシン類対策特別措置法第八条第三項 の規定による条例により、当該下水について第一項の基準(前項の規定が適用される場合にあつては、同項の基準)より緩やかな排水基準が適用されるときは、第一項及び前項の規定にかかわらず、その排水基準を当該下水についての当該物質に係る水質の基準とする。

(特定事業場からの下水の排除の制限に係る水質の基準を定める条例の基準)
第九条の五  法第十二条の二第三項 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。第九条の九第二号において同じ。)の規定による条例は、次の各号に掲げる項目(第六号又は第七号に掲げる項目にあつては、水質汚濁防止法第三条第一項 の規定による環境省令(同条第三項 の規定による条例が定められている場合にあつては、当該条例を含む。)により定められた窒素含有量又は燐含有量についての排水基準がその放流水について適用される公共下水道又は流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この条において同じ。)に排除される下水に係るものに限る。)に関して水質の基準を定めるものとし、その水質は、それぞれ当該各号に定めるものより厳しいものであつてはならない。
一  アンモニア性窒素、亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素含有量
               一リットルにつき三百八十ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に三・八を乗じて得た数値とする。
二  水素イオン濃度    水素指数五を超え九未満
三  生物化学的酸素要求量
               一リットルにつき五日間に六百ミリグラム未満
四  浮遊物質量
               一リットルにつき六百ミリグラム未満
五  ノルマルヘキサン抽出物質含有量
イ 鉱油類含有量    一リットルにつき五ミリグラム以下
ロ 動植物油脂類含有量
               一リットルにつき三十ミリグラム以下
六  窒素含有量
               一リットルにつき二百四十ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に二を乗じて得た数値とする。
七  燐含有量
               一リットルにつき三十二ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に二を乗じて得た数値とする。
2  製造業又はガス供給業の用に供する施設から公共下水道又は流域下水道に排除される下水に係る前項第一号から第四号まで、第六号及び第七号に掲げる項目(同項第六号又は第七号に掲げる項目にあつては、同項に規定する下水に係るものに限る。)に関する水質の基準については、それらの施設から排除される汚水の合計量がその処理施設(流域関連公共下水道にあつては、当該流域関連公共下水道が接続する流域下水道の処理施設。以下この項及び第九条の十一第二項において同じ。)で処理される汚水の量の四分の一以上であると認められるとき、その処理施設に達するまでに他の汚水により十分に希釈されることができないと認められるとき、その他やむを得ない理由があるときは、前項の基準より厳しいものとすることができる。この場合においては、その水質は、次の各号に掲げる項目に関し、それぞれ当該各号に定めるものより厳しいものであつてはならない。
一  アンモニア性窒素、亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素含有量
               一リットルにつき百二十五ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に一・二五を乗じて得た数値とする。
二  水素イオン濃度    水素指数五・七を超え八・七未満
三  生物化学的酸素要求量
               一リットルにつき五日間に三百ミリグラム未満
四  浮遊物質量
               一リットルにつき三百ミリグラム未満
五  窒素含有量
               一リットルにつき百五十ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に一・二五を乗じて得た数値とする。
六  燐含有量
               一リットルにつき二十ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に一・二五を乗じて得た数値とする。
3  特定事業場から排除される下水に係る第一項に規定する水質の基準は、次の各号に掲げる場合においては、前二項の規定にかかわらず、それぞれ当該各号に規定する緩やかな排水基準より厳しいものであつてはならない。
一  第一項第一号、第六号又は第七号に掲げる項目に係る水質に関し、当該下水が当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水に係る公共の水域又は海域に直接排除されたとした場合においては、水質汚濁防止法 の規定による環境省令により、又は同法第三条第三項 の規定による条例により、当該各号に定める基準(前項の規定が適用される場合にあつては、同項第一号、第五号又は第六号に定める基準)より緩やかな排水基準が適用されるとき。
二  第一項第二号から第五号までに掲げる項目に係る水質に関し、当該下水が河川その他の公共の水域(湖沼を除く。)に直接排除されたとした場合においては、水質汚濁防止法 の規定による環境省令により、当該各号に定める基準(前項の規定が適用される場合における同項第二号から第四号までに掲げる項目に係る水質にあつては、当該各号に定める基準)より緩やかな排水基準が適用されるとき。
4  第一項各号及び第二項各号に掲げる数値は、国土交通省令・環境省令で定める方法により検定した場合における数値とする。

(適用除外)
第九条の六  法第十二条の二第五項 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める場合は、次に掲げる場合とする。
一  特定事業場から排除される前条第一項第一号、第六号又は第七号に掲げる項目に係る下水に関しては、当該下水が当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この条において同じ。)からの放流水に係る公共の水域又は海域に直接排除されたとしても、水質汚濁防止法第三条第一項 の規定による環境省令(同条第三項 の規定による条例が定められている場合にあつては、当該条例を含む。)により定められた当該項目についての排水基準が適用されない場合において、当該特定事業場から当該公共下水道又は当該流域下水道にその適用されない排水基準についての項目に係る下水を排除するとき。
二  特定事業場から排除される前条第一項第二号から第五号までに掲げる項目に係る下水に関しては、当該下水が河川その他の公共の水域(湖沼を除く。)に直接排除されたとしても、水質汚濁防止法第三条第一項 の規定による環境省令により定められた当該項目についての排水基準が適用されない場合において、当該特定事業場から当該公共下水道又は当該流域下水道にその適用されない排水基準についての項目に係る下水を排除するとき。
三  水質汚濁防止法 特定施設を設置しない特定事業場から公共下水道又は流域下水道に下水を排除する場合
四  一の施設が水質汚濁防止法 特定施設となつた際現にその施設を設置している者(設置の工事をしている者を含む。)が当該施設を設置している工場又は事業場から公共下水道又は流域下水道に下水を排除する場合において、次のいずれにも該当しないとき。
イ 当該施設が水質汚濁防止法 特定施設となつた日から六月(次条第一号に掲げる施設である場合にあつては、一年)を経過したとき。
ロ 当該施設が水質汚濁防止法 特定施設となつた際既に当該工場又は事業場が水質汚濁防止法 特定施設を設置する特定事業場であるとき。
ハ その者に適用されている地方公共団体の条例の規定で河川その他の公共の水域又は海域に排除される汚水の水質につき法第十二条の二第五項 に規定する規制に相当するものがあるとき(当該規定の違反行為に対する処罰規定がないときを除く。)。

(法第十二条の二第六項 の政令で定める施設)
第九条の七  法第十二条の二第六項 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める施設は、次に掲げる施設とする。
一  水質汚濁防止法施行令 別表第一第六十六号の三から第六十六号の七まで、第六十八号の二及び第七十一号の三に掲げる施設
二  ダイオキシン類対策法特定施設

(事故時の措置を要する物質又は油)
第九条の八  法第十二条の九第一項 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。次条において同じ。)に規定する政令で定める物質又は油は、水質汚濁防止法施行令第二条 各号に掲げる物質及びダイオキシン類並びに同令第三条の三 各号に掲げる油とする。

(事故時の措置の規定が適用されない場合)
第九条の九  法第十二条の九第一項 に規定する政令で定める場合は、次に掲げる場合とする。
一  特定事業場から水質汚濁防止法施行令第二条第一号 から第二十五号 までに掲げる物質又はダイオキシン類を含む下水が排出され、当該公共下水道又は当該流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この条において同じ。)に流入した場合において、当該下水の水質が法第十二条の二第一項 に規定する政令で定める基準に適合するとき。
二  特定事業場から水質汚濁防止法施行令第二条第二十六号 に掲げる物質又は同令第三条の三 各号に掲げる油を含む下水が排出され、当該公共下水道又は当該流域下水道に流入した場合において、当該下水の水質が法第十二条の二第三項 の規定に基づく条例で定める基準に適合するとき。
三  当該公共下水道又は当該流域下水道の施設として水質汚濁防止法施行令第二条第一号 から第二十五号 までに掲げる物質又はダイオキシン類の処理施設が設けられている場合において、当該公共下水道管理者又は当該流域下水道管理者が、国土交通省令で定めるところにより、当該処理施設において下水を処理すべき区域として公示した区域内の特定事業場から当該物質に係る下水が排出され、当該公共下水道又は当該流域下水道に流入したとき。

(除害施設の設置等に係る下水の水質の基準)
第九条の十  法第十二条の十一第一項第一号 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める基準は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める基準とする。
一  ダイオキシン類対策特別措置法 の規定により、公共下水道又は流域下水道(雨水流域下水道を除く。次号において同じ。)からの放流水について水質排出基準が定められている場合
                第九条の四第一項各号に規定する基準(同条第四項に規定する場合においては、同項に規定する基準)
二  条例の規定により、公共下水道又は流域下水道からの放流水についてダイオキシン類に係る排水基準が定められている場合
                第九条の四第一項第一号から第三十二号までに規定する基準(同条第四項に規定する場合においては、同項に規定する基準)及び当該条例に規定する基準
三  前二号に掲げる場合以外の場合
                第九条の四第一項第一号から第三十二号までに規定する基準(同条第四項に規定する場合においては、同項に規定する基準)

(除害施設の設置等に関する条例の基準)
第九条の十一  法第十二条の十一第一項第二号 の規定による条例は、次の各号に掲げる項目(第四号又は第五号に掲げる項目にあつては、水質汚濁防止法第三条第一項 の規定による環境省令により、又は同条第三項 の規定による条例その他の条例により定められた窒素含有量又は燐含有量についての排水基準がその放流水について適用される公共下水道又は流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この項及び次項において同じ。)に排除される下水に係るものに限る。)又は物質に関して水質の基準を定めるものとし、その水質は、それぞれ当該各号に定めるものより厳しいものであつてはならない。
一  第九条第一項第一号に掲げる項目
                四十五度未満
二  第九条の五第一項第一号から第四号までに掲げる項目
                それぞれ当該各号に定める数値
三  第九条の五第一項第五号に掲げる項目
                同号に定める数値。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について同号に定める基準より厳しい排水基準が定められている場合にあつては、その数値とする。
四  窒素含有量
               一リットルにつき二百四十ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例その他の条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に二を乗じて得た数値とする。
五  燐含有量
               一リットルにつき三十二ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例その他の条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に二を乗じて得た数値とする。
六  第九条の四第一項各号に掲げる物質以外の物質又は第九条第一項第一号に掲げる項目及び第九条の五第一項各号に掲げる項目以外の項目で、条例により当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水に関する排水基準が定められたもの(第九条の五第一項第三号に掲げる項目に類似する項目及び大腸菌群数を除く。) 当該排水基準に係る数値
2  製造業又はガス供給業の用に供する施設から公共下水道又は流域下水道に排除される下水に係る前項第一号、第二号、第四号及び第五号に掲げる項目(同項第四号又は第五号に掲げる項目にあつては、同項に規定する下水に係るものに限る。)に関する水質の基準については、それらの施設から排除される汚水の合計量がその処理施設で処理される汚水の量の四分の一以上であると認められるとき、その処理施設に達するまでに他の汚水により十分に希釈されることができないと認められるとき、その他やむを得ない理由があるときは、同項の基準より厳しいものとすることができる。この場合においては、その水質は、次の各号に掲げる項目に関し、それぞれ当該各号に定めるものより厳しいものであつてはならない。
一  温度         四十度未満
二  アンモニア性窒素、亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素含有量
               一リットルにつき百二十五ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に一・二五を乗じて得た数値とする。
三  水素イオン濃度    水素指数五・七を超え八・七未満
四  生物化学的酸素要求量
               一リットルにつき五日間に三百ミリグラム未満
五  浮遊物質量
               一リットルにつき三百ミリグラム未満
六  窒素含有量
               一リットルにつき百五十ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例その他の条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に一・二五を乗じて得た数値とする。
七  燐含有量
               一リットルにつき二十ミリグラム未満。ただし、水質汚濁防止法第三条第三項 の規定による条例その他の条例により、当該公共下水道からの放流水又は当該流域下水道からの放流水について排水基準が定められている場合にあつては、当該排水基準に係る数値に一・二五を乗じて得た数値とする。
3  第一項第一号、第四号及び第五号並びに前項各号に掲げる数値は、国土交通省令・環境省令で定める方法により検定した場合における数値とする。

(承認を要しない軽微な施設の維持)
第十条  法第十六条 ただし書(法第二十五条の十 及び第三十一条 において準用する場合を含む。)に規定する施設の維持で政令で定める軽微なものは、排水渠の開渠である構造の部分又はますの清掃とする。

(汚濁原因者負担金の額)
第十条の二  法第十八条の二 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。)の規定により特定施設の設置者(過去の設置者を含む。以下この条において同じ。)に負担させる汚濁原因者負担金の額は、公共下水道管理者又は流域下水道管理者が公害健康被害の補償等に関する法律 (昭和四十八年法律第百十一号)の規定により納付した特定賦課金の額に、各特定施設の設置者が当該公共下水道又は当該流域下水道(雨水流域下水道を除く。以下この条において同じ。)若しくは当該流域下水道に係る流域関連公共下水道に排除した当該特定賦課金に係る同法第六条 に規定する指定疾病に影響を与える水質の汚濁の原因である物質の量の、すべての特定施設の設置者が当該公共下水道又は当該流域下水道若しくは当該流域下水道に係る流域関連公共下水道に排除した当該物質の量に対する割合を乗じて得た額を超えない範囲内において、当該公共下水道又は当該流域下水道から河川その他の公共の水域又は海域に当該物質が排出されたことについての公共下水道管理者又は流域下水道管理者の責めに帰すべき事由を参酌して定めるものとする。

(工事負担金に係る下水の量の算出方法)
第十一条  法第十九条 の規定による下水の量の算出方法は、排水設備から排除される汚水について、公共下水道の管渠(取付管渠を除く。)の当該汚水が流入すべき部分における計画下水量(合流式の公共下水道にあつては、そのうち汚水に係る部分)に五分の一を乗じて計算するものとする。

(事業者から徴収する使用料の基準)
第十一条の二  法第二十条第三項 に規定する政令で定める基準は、次のとおりとする。
一  公害防止事業費事業者負担法 (昭和四十五年法律第百三十三号)の規定に基づき設置の費用の一部を負担した事業者から徴収する使用料については、その算定の基礎となる法第二十条第二項第二号 に規定する原価で設置の費用に係るものは、当該公共下水道の設置の費用の額から公害防止事業費事業者負担法第四条第一項 又は第三項 の規定による負担総額を控除した額とすること。
二  前号の事業者以外の事業者から徴収する使用料については、その算定の基礎となる法第二十条第二項第二号 に規定する原価で設置の費用に係るものは、当該公共下水道の設置の費用の額とすること。

(放流水の水質検査)
第十二条  法第二十一条第一項 (法第二十五条の十 において準用する場合を含む。第三項において同じ。)の規定による第六条第一項 、第三項及び第四項に規定する技術上の基準に関する放流水の水質についての水質検査は、公共下水道又は流域下水道の各吐口(雨水吐の吐口及び分流式の公共下水道又は流域下水道の雨水を排除すべき吐口を除くものとし、放流水の水質が類似のものであると認められる二以上の吐口については、それらの吐口のうちいずれか一の吐口に限る。)からの放流水について、少なくとも毎月二回(ダイオキシン類についての水質検査にあつては、少なくとも毎年一回)、行うものとする。この場合において、検査に供する放流水は、当該放流水の水質に対する雨水の影響の少ない日において採取しなければならない。
2  公共下水道管理者又は流域下水道管理者は、第九条の四第一項第一号から第三十二号までに掲げる物質のうち、処理区域内における特定施設の設置の状況、過去の水質検査の結果その他の事情を勘案して前項に規定する水質検査の回数及び時期による必要がないことが明らかであると認められるものについては、毎年二回を下らない範囲内において同項に規定する水質検査の回数及び時期と別の回数及び時期を定めることができる。
3  法第二十一条第一項 の規定による第六条第二項 に規定する技術上の基準に関する放流水の水質についての水質検査は、同項 に規定する各吐口(放流水の水質が類似のものであると認められる二以上の吐口については、それらの吐口のうちいずれか一の吐口に限る。)からの放流水について、毎年、同項 に規定する時のうち少なくとも一回、行うものとする。
4  前三項のほか、放流水の水質が著しく悪化していると疑われる事情があるときは、必要な水質検査を行うものとする。
5  公共下水道管理者又は流域下水道管理者は、第一項、第二項又は前項の規定にかかわらず、一の項目について水質検査を行うことにより他の項目に係る第六条の技術上の基準に適合することが明らかであると認められる場合においては、当該他の項目について水質検査を行わないことができる。
6  第一項から第四項までの水質検査をしたときは、検査に供した放流水を採取した日時及び場所その他国土交通省令・環境省令で定める事項を明らかにしてその結果を記録し、これを五年間保存しておかなければならない。

(終末処理場の維持管理)
第十三条  法第二十一条第二項 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。)の規定による終末処理場の維持管理は、次に定めるところにより行うものとする。
一  活性汚泥を使用する処理方法によるときは、活性汚泥の解体又は膨化を生じないようにエアレーションを調節すること。
二  沈砂池又は沈殿池のどろために砂、汚泥等が満ちたときは、速やかにこれを除去すること。
三  急速濾過法によるときは、濾床が詰まらないように定期的にその洗浄等を行うとともに、濾材が流出しないように水量又は水圧を調節すること。
四  前三号のほか、施設の機能を維持するために必要な措置を講ずること。
五  臭気の発散及び蚊、はえ等の発生の防止に努めるとともに、構内の清潔を保持すること。
六  前号のほか、汚泥処理施設には、汚泥の処理に伴う排気、排液又は残さい物により生活環境の保全又は人の健康の保護に支障が生じないよう国土交通大臣及び環境大臣が定める措置を講ずること。

(発生汚泥等)
第十三条の二  法第二十一条の二第一項 (法第二十五条の十第一項 において準用する場合を含む。次条及び第十三条の四において同じ。)に規定する政令で定めるものは、スクリーンかす、砂、土、汚泥その他これらに類するもの(次条において「発生汚泥等」という。)とする。

(発生汚泥等の処理の基準)
第十三条の三  法第二十一条の二第一項 に規定する公共下水道又は流域下水道(雨水流域下水道を除く。)の円滑な維持管理を図るための発生汚泥等の処理の基準は、次のとおりとする。
一  発生汚泥等は、速やかに処理すること。
二  発生汚泥等(次条に規定する国土交通大臣及び環境大臣が指定する汚泥を除く。以下この条において同じ。)の運搬に当たつては、次に掲げるところによること。
イ 発生汚泥等が飛散し、及び流出しないようにすること。
ロ 運搬に伴う悪臭、騒音又は振動によつて生活環境の保全上支障が生じないように必要な措置を講ずること。
三  処理施設のスクリーン、沈砂池又は沈殿池から除去した発生汚泥等(以下この号において「下水汚泥等」という。)の埋立処分に当たつては、次に掲げるところによること。
イ 地中にある空間を利用する処分の方法以外の方法によること。
ロ 埋立処分の場所(以下この号において「埋立地」という。)には、周囲に囲いを設けるとともに、下水汚泥等の処分の場所であることを表示すること。
ハ 埋立地からの浸出液によつて公共の水域及び地下水を汚染することのないように必要な措置を講ずること。
ニ 沈殿池から除去した汚泥の埋立処分(水面埋立処分を除く。)を行う場合には、当該汚泥を、あらかじめ、熱しやく減量十五パーセント以下に焼却し、又は含水率八十五パーセント以下にすること。
ホ 沈殿池から除去した汚泥の水面埋立処分を行う場合には、当該汚泥を、あらかじめ、熱しやく減量十五パーセント以下に焼却し、又は消化設備を用いて消化し、若しくは有機物の含有量が消化設備を用いて消化したものと同程度以下のものとすること。
ヘ 下水汚泥等(熱しやく減量十五パーセント以下に焼却したもの及び沈砂池から除去した砂を除く。以下ヘにおいて同じ。)の埋立処分を行う場合には、埋め立てる下水汚泥等の一層の厚さは、おおむね三メートル(沈殿池から除去した汚泥であつて、消化設備を用いて消化したもの及び有機物の含有量が消化設備を用いて消化したものと同程度以下のもの以外のものにあつては、おおむね〇・五メートル)以下とし、かつ、一層ごとに、その表面を土砂でおおむね〇・五メートル覆うこと。ただし、埋立地の面積が一万平方メートル以下又は埋立容量が五万立方メートル以下の埋立処分(トにおいて「小規模埋立処分」という。)を行う場合は、この限りでない。
ト 沈殿池から除去した汚泥(熱しやく減量十五パーセント以下に焼却したもの、消化設備を用いて消化したもの及び有機物の含有量が消化設備を用いて消化したものと同程度以下のものを除く。)の埋立処分を行う場合には、通気装置を設けて、埋立地から発生するガスを排除すること。ただし、小規模埋立処分を行う場合は、この限りでない。
チ 埋立地の外に悪臭が発散しないように必要な措置を講ずること。
リ 埋立地には、ねずみが生息し、及び蚊、はえその他の害虫が発生しないようにすること。
四  ます又は管渠から除去した土砂その他これに類するものの埋立処分に当たつては、前号イ、ロ、ハ、チ及びリの規定の例により行うこと。

第十三条の四  法第二十一条の二第一項 に規定する有毒物質の拡散を防止するための汚水ます及び終末処理場から生じた汚泥の処理の基準は、汚泥に含まれる有毒物質(廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令 (昭和四十六年政令第三百号)別表第三の三に掲げる物質及びダイオキシン類とする。)の拡散を防止することが必要であるとして国土交通大臣及び環境大臣が指定する汚泥について、同令第六条の五第一項 の基準のうち汚泥に係るものの例によるものとする。

(資格を有する者以外の者に公共下水道又は流域下水道の設計又は工事の監督管理を行なわせることができる場合)
第十四条  法第二十二条第一項 (法第二十五条の十 において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める場合は、排水施設、処理施設及びポンプ施設以外の施設を設置し、又は改築する場合とする。

(公共下水道又は流域下水道の設計又は工事の監督管理を行う者の資格)
第十五条  法第二十二条第一項 (法第二十五条の十 において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める資格は、次のとおりとする。
一  学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)による大学(短期大学を除く。以下この条及び第十五条の三において同じ。)の土木工学科、衛生工学科若しくはこれらに相当する課程において下水道工学に関する学科目を修めて卒業した後、又は旧大学令(大正七年勅令第三百八十八号)による大学において土木工学科若しくはこれに相当する課程を修めて卒業した後、計画設計(事業計画に定めるべき事項に関する基本的な設計をいう。以下この条において同じ。)を行わせる場合については七年以上、処理施設又はポンプ施設に係る実施設計(計画設計に基づく具体的な設計をいう。)又は工事の監督管理(以下これらをこの条において「処理施設又はポンプ施設に係る監督管理等」という。)を行わせる場合については二年以上、排水施設に係る実施設計又は工事の監督管理(以下これらをこの条において「排水施設に係る監督管理等」という。)を行わせる場合については一年以上下水道に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
二  学校教育法 による大学の土木工学科、衛生工学科又はこれらに相当する課程において下水道工学に関する学科目以外の学科目を修めて卒業した後、計画設計を行わせる場合については八年以上、処理施設又はポンプ施設に係る監督管理等を行わせる場合については三年以上、排水施設に係る監督管理等を行わせる場合については一年六月以上下水道に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
三  学校教育法 による短期大学若しくは高等専門学校又は旧専門学校令(明治三十六年勅令第六十一号)による専門学校において土木科又はこれに相当する課程を修めて卒業した後、計画設計を行わせる場合については十年以上、処理施設又はポンプ施設に係る監督管理等を行わせる場合については五年以上、排水施設に係る監督管理等を行わせる場合については二年六月以上下水道に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
四  学校教育法 による高等学校若しくは中等教育学校又は旧中等学校令(昭和十八年勅令第三十六号)による中等学校において土木科又はこれに相当する課程を修めて卒業した後、計画設計を行わせる場合については十二年以上、処理施設又はポンプ施設に係る監督管理等を行わせる場合については七年以上、排水施設に係る監督管理等を行わせる場合については三年六月以上下水道に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
五  処理施設又はポンプ施設に係る監督管理等を行わせる場合については十年以上、排水施設に係る監督管理等を行わせる場合については五年以上下水道の工事に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
六  国土交通省令で定めるところにより、前各号に規定する者と同等以上の知識及び技能を有すると認められる者であること。
七  次の表の上欄に掲げる技術検定に合格した者で、同表の中欄に掲げる区分に応じ、それぞれ同表の下欄に掲げる年数以上下水道、上水道、工業用水道、河川、道路その他国土交通大臣が定める施設に関する技術上の実務に従事した経験を有するもの(計画設計を行わせる場合にあつては三年以上、処理施設又はポンプ施設に係る監督管理等を行わせる場合にあつては一年以上下水道に関する技術上の実務に従事した経験を有するものに限る。)であること。
日本下水道事業団法施行令(昭和四十七年政令第二百八十六号)第四条第一項の第一種技術検定 計画設計を行わせる場合 五年
処理施設又はポンプ施設に係る監督管理等を行わせる場合 二年
排水施設に係る監督管理等を行わせる場合 一年
日本下水道事業団法施行令第四条第一項の第二種技術検定 処理施設又はポンプ施設に係る監督管理等を行わせる場合 二年
排水施設に係る監督管理等を行わせる場合 一年


八  技術士法 (昭和五十八年法律第二十五号)による第二次試験のうち国土交通大臣が定める技術部門に合格した者(国土交通大臣が定める選択科目を選択した者に限る。)であること。

(公共下水道又は流域下水道の維持管理のうち資格を有する者以外の者に行なわせてはならない事項)
第十五条の二  法第二十二条第二項 (法第二十五条の十 において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める事項は、処理施設又はポンプ施設の維持管理に関する事項とする。

(公共下水道又は流域下水道の維持管理を行う者の資格)
第十五条の三  法第二十二条第二項 (法第二十五条の十 において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める資格は、次のとおりとする。
一  学校教育法 による大学の土木工学科、衛生工学科若しくはこれらに相当する課程において下水道工学に関する学科目を修めて卒業した後、又は旧大学令による大学において土木工学科若しくはこれに相当する課程を修めて卒業した後、二年以上下水道の維持管理に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
二  学校教育法 による大学の土木工学科、衛生工学科又はこれらに相当する課程において下水道工学に関する学科目以外の学科目を修めて卒業した後、三年以上下水道の維持管理に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
三  学校教育法 による短期大学若しくは高等専門学校又は旧専門学校令による専門学校において土木科又はこれに相当する課程を修めて卒業した後、五年以上下水道の維持管理に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
四  学校教育法 による高等学校若しくは中等教育学校又は旧中等学校令による中等学校において土木科又はこれに相当する課程を修めて卒業した後、七年以上下水道の維持管理に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
五  十年以上下水道の維持管理に関する技術上の実務に従事した経験を有する者であること。
六  国土交通省令・環境省令で定めるところにより、前各号に規定する者と同等以上の知識及び技能を有すると認められる者であること。
七  日本下水道事業団法施行令第四条第一項 の第三種技術検定に合格した者で、二年以上下水道、上水道、工業用水道、し尿処理施設その他国土交通大臣及び環境大臣が定める施設の維持管理に関する技術上の実務に従事した経験を有するものであること。
八  技術士法 による第二次試験のうち国土交通大臣及び環境大臣が定める技術部門に合格した者(国土交通大臣及び環境大臣が定める選択科目を選択した者に限る。)であること。

(公共下水道管理者の許可を要しない軽微な行為)
第十六条  法第二十四条第一項 に規定する政令で定める軽微な行為は、次の各号に掲げるものを設ける行為で、次条第一号ニ本文及びホ、第二号イ及びホ並びに第三号イ及びニの規定に適合するものとする。
一  内径が二十八ミリメートル以下の水道の給水管又はガスの導管
二  百ボルト以下の電圧で電気を伝送する電線
三  主として歩行者の通行の用に供する橋又は踏板で取りはずしの容易なもの

(公共下水道に設ける施設又は工作物その他の物件に関する技術上の基準)
第十七条  法第二十四条第二項 に規定する政令で定める技術上の基準は、次のとおりとする。
一  施設又は工作物その他の物件の位置は、次に掲げるところによること。
イ 分流式の公共下水道に下水を流入させるために設ける排水施設のうち、汚水を排除するものは公共下水道の汚水を排除すべき排水施設に、雨水を排除するものは公共下水道の雨水を排除すべき排水施設に設けること。
ロ 公共下水道に汚水を流入させるために設ける排水施設は、公共下水道のます又はマンホール(合流式の公共下水道の専ら雨水を排除すべきます及びマンホールを除く。)の壁のできるだけ底に近い箇所に設けること。
ハ 公共下水道に専ら雨水を流入させるために設ける排水施設は、公共下水道の排水渠の開渠である構造の部分(以下この条において「開渠部分」という。)、ます又はマンホールの壁(ますのどろための部分の壁を除く。)に設けること。
ニ 公共下水道に下水を流入させるために設ける排水施設(以下この条において「流入施設」という。)以外のものは、公共下水道の開渠部分の壁の上端より上に(当該部分を縦断するときは、その上端から二・五メートル以上の高さに)、又は当該部分の地下に設けること。ただし、水道の給水管又はガスの導管を当該部分の壁のできるだけ上端に近い箇所に設ける場合において、下水の排除に支障を及ぼすおそれが少ないときは、この限りでない。
ホ 公共下水道の開渠部分の壁の上端から二・五メートル未満の高さに設けるものは、当該部分の清掃に支障がない程度に他の物件と離れていること。
二  施設又は工作物その他の物件の構造は、次に掲げるところによること。
イ 堅固で耐久力を有するとともに、公共下水道の施設又は他の施設若しくは工作物その他の物件の構造に支障を及ぼさないものであること。
ロ 分流式の公共下水道に下水を流入させるために設ける排水施設は、汚水と雨水とを分離して排除する構造とすること。
ハ 流入施設及びその他の排水施設の公共下水道の開渠部分に突出し、又はこれを横断し、若しくは縦断する部分は、陶器、コンクリート、れんがその他の耐水性の材料で造り、かつ、漏水を最少限度のものとする措置が講ぜられていること。
ニ 汚水(冷却の用に供した水その他の汚水で雨水と同程度以上に清浄であるものを除く。)を排除する流入施設は、排水区域内においては、暗渠とすること。ただし、鉱業の用に供する建築物内においては、この限りでない。
ホ 流入施設、建築基準法第四十二条 に規定する道路、鉄道、軌道及び専ら道路運送車両法 (昭和二十六年法律第百八十五号)第二条 に規定する自動車又は軽車両の交通の用に供する通路以外のもので、公共下水道の開渠部分の壁の上端から二・五メートル未満の高さで当該部分に突出し、又はこれを横断するものの幅は、一・五メートルを超えないこと。
三  工事の実施方法は、次に掲げるところによること。
イ 公共下水道の管渠を一時閉じふさぐ必要があるときは、下水が外にあふれ出るおそれがない時期及び方法を選ぶこと。
ロ 流入施設は、公共下水道の開渠部分、ます又はマンホールの壁から突出させないで設けるとともに、その設けた箇所からの漏水を防止する措置を講ずること。
ハ 水道の給水管又はガスの導管を公共下水道の開渠部分の壁に設けるときは、その設けた箇所からの漏水を防止する措置を講ずること。
ニ その他公共下水道の施設又は他の施設若しくは工作物その他の物件の構造又は機能に支障を及ぼすおそれがないこと。
四  流入施設から公共下水道に排除される下水の量は、その公共下水道の計画下水量の下水の排除に支障を及ぼさないものであること。
五  下水以外の物を公共下水道に入れるために設ける施設でないこと。
六  法第十二条第一項 又は法第十二条の十一第一項 の規定による条例の規定により除害施設を設けなければならないときは、当該施設を設けること。

(公共下水道の暗渠に電線等を設けることができる者)
第十七条の二  法第二十四条第三項 に規定する政令で定める者は、有線テレビジョン放送法 (昭和四十七年法律第百十四号)第二条第三項 に規定する有線テレビジョン放送施設者とする。

(公共下水道の暗渠に設けることのできる物件)
第十七条の三  法第二十四条第三項 に規定する公共下水道の管理上著しい支障を及ぼすおそれのないものとして政令で定めるものは、電線を支持し、保護し、又は相互に接続するための工作物であつて、公共下水道管理者が下水の排除に著しい支障を及ぼすおそれのない構造であると認めたものとする。

(流域下水道に係る事業計画の認可の申請)
第十七条の四  流域下水道管理者は、法第二十五条の三第一項 (同条第四項 において準用する場合を含む。)の規定により事業計画の認可を受けようとするときは、申請書に事業計画を記載した書類(事業計画の変更の認可を受けようとするときは、その変更を明らかにする書類)及び次に掲げる事項(事業計画の変更の認可を受けようとするときは、その変更に係るものに限る。)を記載した書類を添付し、これを国土交通大臣に提出しなければならない。この場合において、流域下水道管理者が市町村であるときは、都道府県知事を経由しなければならない。
一  流域関連公共下水道の予定処理区域(雨水流域下水道に係るものにあつては、予定排水区域。第十七条の六第七号において同じ。)及びその周辺の地域の地形及び土地の用途
二  計画下水量及び流域関連公共下水道から流域下水道に流入する下水の量並びにその算出の根拠
三  流域下水道からの放流水、処理施設において処理すべき下水及び流域関連公共下水道から流域下水道に流入する下水の予定水質並びにその推定の根拠
四  下水の放流先の状況
五  毎会計年度の工事費の予定額及びその予定財源
六  関係市町村の意見の概要

(環境大臣の意見を聴くことを要しない場合)
第十七条の五  法第二十五条の三第四項 において準用する同条第三項 に規定する政令で定める場合は、終末処理場の配置又は下水の処理能力の変更を伴わない事業計画の変更に係る認可をしようとする場合とする。

(認可を要しない事業計画の軽微な変更)
第十七条の六  法第二十五条の三第四項 に規定する政令で定める軽微な変更は、次の各号のいずれかに該当する変更及びこれに関連する変更以外のものとする。
一  管渠(これを補完する貯留施設を含む。)の配置、構造又は能力の変更。ただし、同一の建築基準法第四十二条 に規定する道路内における位置の変更を除く。
二  雨水流域下水道の雨水の流量を調節するための施設の新設又は配置、構造若しくは能力の変更
三  ポンプ施設の新設又は配置若しくは能力の変更
四  流域下水道からの放流水の吐口の配置の変更
五  処理施設(これを補完する施設を含む。)の新設又は配置若しくは下水の処理能力の変更
六  流域関連公共下水道が接続する位置の変更
七  流域関連公共下水道の予定処理区域の変更
八  工事の着手又は完成の予定年月日の同一会計年度外にわたる変更

(流域下水道の施設に設けることのできる物件)
第十七条の七  法第二十五条の九 に規定する流域下水道の管理上著しい支障を及ぼすおそれのないものとして政令で定めるものは、電線を支持し、保護し、又は相互に接続するための工作物であつて、流域下水道管理者が流域下水道の管理上著しい支障を及ぼすおそれのない構造であると認めたものとする。

(流域下水道の施設に物件を設けることができる場合)
第十七条の八  法第二十五条の九 に規定する政令で定める場合は、流域関連公共下水道の予定処理区域外における飛行場その他継続して大量の下水を排除する施設からの下水を流域下水道(雨水流域下水道を除く。)に流入させる場合、終末処理場から放流される水を利用するために当該終末処理場に接続して導水管を設ける場合その他の場合であつて、流域下水道管理者が流域下水道の管理上著しい支障を及ぼすおそれがないと認めた場合とする。

(都市下水路の構造の技術上の基準)
第十七条の九  第五条の四、第五条の五(第六号及び第七号に係る部分を除く。)及び第五条の七の規定は、法第二十八条第二項 に規定する政令で定める都市下水路の構造に関して必要な技術上の基準について準用する。

(都市下水路の維持管理の技術上の基準)
第十八条  法第二十八条第二項 に規定する政令で定める都市下水路の維持管理に関して必要な技術上の基準は、次のとおりとする。
一  しゆんせつは、一年に一回以上行うこと。ただし、下水の排除に支障がない部分については、この限りでない。
二  洗浄ゲートその他の洗浄のための施設があるときは、洗浄は、一月に一回以上行うこと。

(都市下水路管理者の許可を要しない軽微な行為)
第十九条  法第二十九条第一項 に規定する政令で定める軽微な行為は、第十六条各号に掲げるものを設ける行為で、次条第二号の規定によりその例によるものとされる第十七条第一号ニ本文及びホ、第二号イ及びホ並びに第三号イ及びニの規定に適合するものとする。

(都市下水路に設ける施設又は工作物その他の物件に関する技術上の基準)
第二十条  法第二十九条第二項 に規定する政令で定める技術上の基準は、次のとおりとする。
一  都市下水路に汚水を流入させるために設ける排水施設は、都市下水路の排水渠の開渠である構造の部分、ます又はマンホールの壁のできるだけ底に近い箇所に設けること。
二  第十七条第一号ハからホまで、第二号イ、ハ及びホ、第三号並びに第四号の規定の例によること。
三  水質汚濁防止法第三条第一項 若しくはダイオキシン類対策特別措置法第八条第一項 の規定による環境省令により、又は水質汚濁防止法第三条第三項 若しくはダイオキシン類対策特別措置法第八条第三項 の規定による条例その他の条例により定められた排水基準に適合する下水以外の物を都市下水路に入れるために設ける施設でないこと。

(特定排水施設に係る下水の量及び水質)
第二十一条  法第三十条第一項第一号 に規定する政令で定める量は、当該事業所が最も多量の汚水を排除する一日における当該汚水の量百立方メートルとする。
2  法第三十条第一項第二号 に規定する政令で定める水質は、第九条第一項第四号に該当する水質又は第九条の四第一項各号若しくは第九条の五第一項(第一号ただし書、第六号及び第七号を除く。)若しくは第九条の十一第一項第一号若しくは第六号に規定する基準に適合しない水質とし、法第三十条第一項第二号 に規定する政令で定める量は、当該事業所が最も多量の汚水を排除する一日における当該汚水の量五十立方メートルとする。

(特定排水施設の構造の技術上の基準)
第二十二条  法第三十条第一項 に規定する政令で定める技術上の基準は、次のとおりとする。
一  第八条第二号、第三号及び第八号から第十一号までの規定の例によること。
二  管渠の勾配並びに排水管の内径及び排水渠の断面積は、その排除すべき下水を支障なく流下させることができるものとすること。
三  第九条第一項第四号に該当する水質又は第九条の四第一項各号若しくは第九条の五第一項(第一号ただし書、第六号及び第七号を除く。)若しくは第九条の十一第一項第一号若しくは第六号に規定する基準に適合しない水質の汚水を排除すべき排水渠は、暗渠とすること。ただし、製造業、ガス供給業又は鉱業の用に供する施設の敷地内においては、この限りでない。

(既設特定排水施設に係る事業所の大規模な増築又は改築)
第二十三条  法第三十条第二項 に規定する政令で定める大規模な増築又は改築は、事業所の建築物の延べ面積(事業所の建築物が二以上あるときは、その延べ面積の合計。以下この条において同じ。)が十分の三以上の増加となる建築物の増築又は改築部分の床面積の合計が事業所の建築物の延べ面積の二分の一以上である建築物の改築とする。

(損失補償の裁決の申請)
第二十四条  法第三十二条第十項 (法第三十八条第五項 において準用する場合を含む。)の規定により、土地収用法 (昭和二十六年法律第二百十九号)第九十四条 の規定による裁決を申請しようとする者は、国土交通省令で定める様式に従い、次の各号に掲げる事項を記載した裁決申請書を収用委員会に提出しなければならない。
一  裁決申請者の氏名及び住所(法人にあつては、その名称、代表者の氏名及び住所)
二  相手方である公共下水道管理者、流域下水道管理者又は都市下水路管理者
三  損失の事実
四  損失の補償の見積及びその内容
五  協議の経過

(国庫補助)
第二十四条の二  法第三十四条 の規定による国の地方公共団体に対する補助金の額は、次の各号に掲げる費用の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める額とする。
一  公共下水道の設置又は改築に要する費用(第三号に掲げる費用を除く。) 次に掲げる費用の区分に応じ、それぞれに定める額
イ 公共下水道(特定の事業者の事業活動に主として利用される公共下水道(以下この項において「特定公共下水道」という。)を除く。)の主要な管渠及び終末処理場並びにこれらの施設を補完するポンプ施設その他の主要な補完施設の設置又は改築に要する費用(国土交通大臣が定める費用を除く。) 当該費用の額に二分の一(終末処理場の設置又は改築に要する費用で国土交通大臣が定めるものにあつては、十分の五・五)を乗じて得た額
ロ 特定公共下水道の主要な管渠及び終末処理場並びにこれらの施設を補完するポンプ施設その他の主要な補完施設の設置又は改築に要する費用(国土交通大臣が定める費用を除く。) 当該費用の額から公害防止事業費事業者負担法第四条第一項 若しくは第三項 の規定による負担総額又は国土交通大臣が定める額を控除した額に三分の一を乗じて得た額
二  流域下水道の設置又は改築に要する費用(次号に掲げる費用及び国土交通大臣が定める費用を除く。) 当該費用の額に二分の一(終末処理場の設置又は改築に要する費用で国土交通大臣が定めるものにあつては、三分の二)を乗じて得た額
三  法第二条の二第五項 の規定により流域別下水道整備総合計画に記載された事項に係る高度処理終末処理場を管理する地方公共団体が、当該流域別下水道整備総合計画に記載されたところにより、他の地方公共団体が管理する特定終末処理場(当該高度処理終末処理場に係る下水道と同じ同条第二項第二号 の区域に係る下水道のものに限る。)について定められた削減目標量の一部に相当するものとして当該高度処理終末処理場について定められた削減目標量を超える量の窒素含有量又は燐含有量を削減するために行う当該高度処理終末処理場の設置又は改築(国土交通大臣が定めるものに限る。)に要する費用(国土交通大臣が定める費用を除く。) 次に掲げる当該他の地方公共団体が管理する下水道の区分に応じ、それぞれに定める額
イ 公共下水道(特定公共下水道を除く。) 当該費用の額に二分の一(国土交通大臣が定める費用にあつては、十分の五・五)を乗じて得た額
ロ 特定公共下水道 当該費用の額から公害防止事業費事業者負担法第四条第一項 若しくは第三項 の規定による負担総額又は国土交通大臣が定める額を控除した額に三分の一を乗じて得た額
ハ 流域下水道 当該費用の額に二分の一(国土交通大臣が定める費用にあつては、三分の二)を乗じて得た額
四  都市下水路の設置又は改築に要する費用 当該費用の額に十分の四を乗じて得た額
2  前項第一号に規定する主要な管渠の範囲は、公共下水道を合流式と分流式とに区分して、管渠の口径、予定処理区域又は予定排水区域の面積、当該管渠の下水排除面積又は下水排除量等を基準として国土交通大臣が定めるものとする。

(都道府県知事が指示する下水道)
第二十四条の三  法第三十七条第一項 に規定する政令で定める下水道は、工事に関する指示に係るものにあつては次に掲げるものとし、維持管理に関する指示に係るものにあつては都道府県以外の地方公共団体が管理するものとする。
一  都道府県以外の地方公共団体が管理する公共下水道のうち、次に掲げるもの
イ 予定処理区域の面積が百ヘクタール以下の公共下水道
ロ 流域下水道(雨水流域下水道を除く。)に接続する公共下水道
二  前号に掲げるもののほか、都道府県及び指定都市以外の地方公共団体が管理する公共下水道
三  都道府県以外の地方公共団体が管理している都市下水路
2  法第三十七条第三項 に規定する政令で定める下水道は、都道府県以外の地方公共団体が管理するものとする。

(都道府県知事が報告を徴する場合)
第二十四条の四  法第三十九条第一項 に規定する政令で定める場合は、都道府県知事が法第四条第一項 の認可又は法第三十七条第一項 の指示をするため必要な場合とする。
2  法第三十九条第二項 に規定する政令で定める場合は、都道府県知事が法第三十七条第三項 の指示をするため必要な場合とする。

(報告の徴収のできる下水の水質等)
第二十四条の五  法第三十九条の二 に規定する政令で定める水質は、第九条第一項第四号に該当する水質又は第九条の十若しくは第九条の十一第一項第三号若しくは第六号若しくは第二項第一号、第二号(ただし書を除く。以下この項において同じ。)若しくは第三号から第五号までに定める基準(法第十二条の十一第一項第二号 の規定により当該公共下水道又は当該流域下水道(雨水流域下水道を除く。次項において同じ。)の管理者が条例で第九条の十一第二項第二号 に掲げる基準より厳しい水質の基準を定めている場合にあつては、当該厳しい基準)に適合しない水質とする。
2  水質汚濁防止法第三条第一項 の規定による環境省令により、又は同条第三項 の規定による条例その他の条例により定められた窒素含有量又は燐含有量についての排水基準がその放流水について適用される公共下水道又は流域下水道に下水を排除して当該公共下水道又は当該流域下水道を使用する場合については、法第三十九条の二 に規定する政令で定める水質は、前項の規定による水質のほか、第九条の十一第二項第六号又は第七号に掲げる項目に関して同項第六号(ただし書を除く。)又は第七号(ただし書を除く。)に定める基準(法第十二条の十一第一項第二号 の規定により当該公共下水道又は当該流域下水道の管理者が条例でこれらの基準より厳しい水質の基準を定めている場合にあつては、当該厳しい基準)に適合しない水質とする。
3  法第三十九条の二 に規定する政令で定める者は、特定施設の設置者以外の者とする。

(事務の区分)
第二十五条  第四条後段及び第十七条の四後段の規定により都道府県が処理することとされている事務は、地方自治法第二条第九項第一号 に規定する第一号 法定受託事務とする。

   
附 則 抄

(施行期日)
1  この政令は、法の施行の日(昭和三十四年四月二十三日)から施行する。
2  法第二条の二第一項の規定により流域別下水道整備総合計画を定めることとされている公共の水域又は海域(二以上の都府県の区域にわたる水系に係る河川その他の公共の水域又は二以上の都府県の区域における汚水により水質の汚濁が生じる海域に限る。)の全部又は一部について流域別下水道整備総合計画が定められていない場合において、当該流域別下水道整備総合計画が定められていない地域における下水道についての第四条の二又は第二十四条の三第一項の規定の適用については、当該流域別下水道整備総合計画が定められるまでの間、第四条の二各号列記以外の部分中「次に」とあるのは「第一号に」と、第二十四条の三第一項各号列記以外の部分中「次に」とあるのは「第一号及び第三号に」とする。
(排水設備に関する経過措置)
3  第八条第七号から第十号までの規定は、この政令の施行の際現に存する排水設備については、これを改築する場合を除き、適用しない。
(平成四年度までの国庫補助の特例)
4  公共下水道(特定公共下水道を除く。)、流域下水道又は都市下水路の設置又は改築に要する費用についての第二十四条の二第一項の規定の平成四年度までの各年度における適用に関しては、同項第一号中「十分の四」とあるのは「十分の六(終末処理場の設置又は改築に要する費用で建設大臣が定めるものにあつては、三分の二)」と、同項第二号中「二分の一」とあるのは「三分の二(終末処理場(小規模な流域下水道に係るものとして建設大臣が指定するものを除く。)の設置又は改築に要する費用のうち建設大臣が定める費用(以下「特定費用」という。)にあつては、四分の三、小規模な流域下水道に係るものとして建設大臣が指定する終末処理場の設置又は改築に要する特定費用以外の費用にあつては十分の六))」と、同項第三号中「三分の一」とあるのは「十分の四」とする。
(昭和六十年度の特例)
5  前項の規定の昭和六十年度における適用については、同項中「十分の六」とあるのは「十分の五・五」と、「三分の二」とあるのは「十分の六」と、「四分の三」とあるのは「三分の二」とする。
(昭和六十一年度、平成三年度及び平成四年度の特例)
6  附則第四項の規定の昭和六十一年度、平成三年度及び平成四年度における適用については、同項中「十分の六」とあるのは「二分の一」と、「三分の二」とあるのは「十分の五・五」と、「四分の三」とあるのは「十分の六」とする。
(昭和六十二年度から平成二年度までの特例)
7  附則第四項の規定の昭和六十二年度から平成二年度までの各年度における適用については、同項中「十分の六」とあるのは「二分の一」と、「、三分の二」とあるのは「、十分の五・二五(奄美群島(鹿児島県名瀬市及び大島郡の区域をいう。)の区域内において行う終末処理場の設置又は改築に要する費用に係るものにあつては、十分の五・五)」と、「「三分の二」とあるのは「「十分の五・二五」と、「四分の三」とあるのは「十分の五・七五」とする。
(法附則第五条第一項の規定による貸付金の償還期間等)
8  法附則第五条第二項に規定する政令で定める期間は、五年(二年の据置期間を含む。)とする。
9  前項に規定する期間は、日本電信電話株式会社の株式の売払収入の活用による社会資本の整備の促進に関する特別措置法(昭和六十二年法律第八十六号)第五条第一項の規定により読み替えて準用される補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和三十年法律第百七十九号)第六条第一項の規定による貸付けの決定(以下「貸付決定」という。)ごとに、当該貸付決定に係る法附則第五条第一項の規定による貸付金(以下「国の貸付金」という。)の交付を完了した日(その日が当該貸付決定があつた日の属する年度の末日の前日以後の日である場合には、当該年度の末日の前々日)の翌日から起算する。
10  国の貸付金の償還は、均等年賦償還の方法によるものとする。
11  国は、国の財政状況を勘案し、相当と認めるときは、国の貸付金の全部又は一部について、前三項の規定により定められた償還期限を繰り上げて償還させることができる。
12  法附則第五条第五項に規定する政令で定める場合は、前項の規定により償還期限を繰り上げて償還を行つた場合とする。

  
附 則 (昭和三六年一二月二六日政令第四二七号)

 この政令は、公布の日から施行する。


附 則 (昭和四二年七月二八日政令第二一一号) 抄

(施行期日)
1  この政令は、公布の日から施行する。

   
附 則 (昭和四五年一〇月一四日政令第三〇六号)

 この政令は、公布の日から施行する。


附 則 (昭和四六年六月一七日政令第一八八号) 抄

(施行期日)
1  この政令は、昭和四十六年六月二十四日から施行する。

   
附 則 (昭和四六年六月二三日政令第二〇三号) 抄

(施行期日)
1  この政令は、下水道法の一部を改正する法律(昭和四十五年法律第百四十一号)の施行の日(昭和四十六年六月二十四日)から施行する。

   
附 則 (昭和四七年四月二四日政令第八二号) 抄

(施行期日)
1  この政令は、公布の日から施行する。

   
附 則 (昭和四七年六月一五日政令第二二五号) 抄

(施行期日)
1  この政令は、昭和四十七年六月二十五日から施行する。

   
附 則 (昭和四八年二月一日政令第九号) 抄

(施行期日)
1  この政令は、昭和四十八年三月一日から施行する。

   
附 則 (昭和四九年一月一六日政令第九号)

 この政令は、昭和四十九年七月一日から施行する。


  
附 則 (昭和四九年四月三〇日政令第一五〇号)

1  この政令は、公布の日から施行する。
2  この政令による改正後の下水道法施行令第二十四条の二第三項及び附則第四項の規定は、昭和四十九年度の予算に係る国の補助金から適用する。ただし、昭和四十八年度以前の年度の予算に係る国の補助金で昭和四十九年度以降に繰り越されたもの、昭和四十八年度の国庫債務負担行為に基づき昭和四十九年度以降に支出すべきものとされた国の補助金及び建設大臣が定める費用についての昭和四十九年度から昭和五十一年度までの各年度の予算に係る国の補助金に関しては、なお従前の例による。

   
附 則 (昭和四九年八月二〇日政令第二九五号) 抄

(施行期日)
1  この政令は、法の施行の日(昭和四十九年九月一日)から施行する。

   
附 則 (昭和四九年一〇月二四日政令第三五四号)

 この政令は、昭和四十九年十月三十日から施行する。


   
附 則 (昭和五〇年一〇月九日政令第二九八号)

 この政令は、公布の日から施行する。


   
附 則 (昭和五一年一二月二一日政令第三二〇号)

(施行期日)
1  この政令は、下水道整備緊急措置法及び下水道法の一部を改正する法律(以下「一部改正法」という。)第二条、附則第二条及び附則第三条の規定の施行の日(昭和五十二年五月一日)から施行する。
(一部改正法附則第二条第一項の政令で定める施設)
2  一部改正法附則第二条第一項の政令で定める施設は、水質汚濁防止法施行令(昭和四十六年政令第百八十八号)別表第二に掲げる施設(下水道法第十二条の二第一項の政令で定める施設に該当するものを除く。

   
附 則 (昭和五二年三月九日政令第二五号) 抄

(施行期日)
第一条  この政令は、昭和五十二年三月十五日から施行する。

  
附 則 (昭和五四年一〇月一九日政令第二七三号)

 この政令は、公布の日から施行する。


   
附 則 (昭和五六年四月三日政令第一一〇号)

 この政令は、公布の日から施行する。


  
附 則 (昭和五八年一二月二三日政令第二七〇号) 抄


1  この政令は、昭和五十九年四月一日から施行する。

   附 則 (昭和五九年四月二七日政令第一一九号) 抄


1  この政令は、公布の日から施行する。

   附 則 (昭和六〇年五月一八日政令第一三三号)


(施行期日)
1  この政令は、公布の日から施行する。
(経過措置)
2  改正後の道路法施行令附則第六項、都市公園法施行令附則第五項、道路整備緊急措置法施行令附則第四項、下水道法施行令附則第五項、奥地等産業開発道路整備臨時措置法施行令附則第三項、河川法施行令附則第十一条及び交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法施行令附則第三項の規定は、昭和六十年度の予算に係る国の負担又は補助(昭和五十九年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助を除く。)並びに同年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十一年度以降の年度に支出すべきものとされる国の負担又は補助及び昭和六十年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で昭和六十一年度以降の年度に繰り越されるものについて適用し、昭和五十九年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助及び昭和五十九年度以前の年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で昭和六十年度に繰り越されたものについては、なお従前の例による。

   附 則 (昭和六〇年一一月八日政令第二九五号)

 この政令は、昭和六十一年一月十五日から施行する。


   附 則 (昭和六一年五月八日政令第一五四号) 抄


(施行期日)
1  この政令は、公布の日から施行する。
(経過措置)
2  改正後の道路法施行令、都市公園法施行令、海岸法施行令、道路整備緊急措置法施行令、下水道法施行令、奥地等産業開発道路整備臨時措置法施行令、河川法施行令及び交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法施行令の規定は、昭和六十一年度から昭和六十三年度までの各年度(昭和六十一年度及び昭和六十二年度の特例に係るものにあつては、昭和六十一年度及び昭和六十二年度。以下この項において同じ。)の予算に係る国の負担又は補助(昭和六十年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十一年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助を除く。)並びに昭和六十一年度から昭和六十三年度までの各年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十四年度(昭和六十一年度及び昭和六十二年度の特例に係るものにあつては、昭和六十三年度。以下この項において同じ。)以降の年度に支出すべきものとされる国の負担又は補助及び昭和六十一年度から昭和六十三年度までの各年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で昭和六十四年度以降の年度に繰り越されるものについて適用し、昭和六十年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十一年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助及び昭和六十年度以前の年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で昭和六十一年度以降の年度に繰り越されたものについては、なお従前の例による。

   附 則 (昭和六一年五月一三日政令第一五九号)

 この政令は、公布の日から施行する。


   附 則 (昭和六二年三月二〇日政令第五四号) 抄


(施行期日)
第一条  この政令は、昭和六十二年四月一日から施行する。

   附 則 (昭和六二年三月三一日政令第九八号) 抄


(施行期日)
1  この政令は、昭和六十二年四月一日から施行する。
(経過措置)
2  改正後の道路法施行令、海岸法施行令、道路整備緊急措置法施行令、下水道法施行令、奥地等産業開発道路整備臨時措置法施行令及び河川法施行令の規定は、昭和六十二年度及び昭和六十三年度(昭和六十二年度の特例に係るものにあつては、昭和六十二年度。以下この項において同じ。)の予算に係る国の負担又は補助(昭和六十一年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十二年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助を除く。)、昭和六十二年度及び昭和六十三年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十四年度(昭和六十二年度の特例に係るものにあつては、昭和六十三年度。以下この項において同じ。)以降の年度に支出すべきものとされる国の負担又は補助並びに昭和六十二年度及び昭和六十三年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で昭和六十四年度以降の年度に繰り越されるものについて適用し、昭和六十一年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十二年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助及び昭和六十一年度以前の年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で昭和六十二年度以降の年度に繰り越されたものについては、なお従前の例による。

   附 則 (昭和六二年九月四日政令第二九五号)

 この政令は、公布の日から施行する。


   附 則 (昭和六二年一一月四日政令第三六八号) 抄


(施行期日)
第一条  この政令は、昭和六十三年三月一日から施行する。

   附 則 (昭和六三年八月二六日政令第二五六号)

 この政令は、昭和六十三年十月一日から施行する。


   附 則 (平成元年四月一〇日政令第一〇八号)


(施行期日)
1  この政令は、公布の日から施行する。
(経過措置)
2  改正後の道路法施行令、都市公園法施行令、道路整備緊急措置法施行令、下水道法施行令、奥地等産業開発道路整備臨時措置法施行令、河川法施行令(附則第三条の二及び第十五条第一項の規定を除く。)及び交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法施行令の規定は、平成元年度及び平成二年度(平成元年度の特例に係るものにあっては、平成元年度。以下この項において同じ。)の予算に係る国の負担又は補助(昭和六十三年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき平成元年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助を除く。)、平成元年度及び平成二年度の国庫債務負担行為に基づき平成三年度(平成元年度の特例に係るものにあっては、平成二年度。以下この項において同じ。)以降の年度に支出すべきものとされる国の負担又は補助並びに平成元年度及び平成二年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で平成三年度以降の年度に繰り越されるものについて適用し、昭和六十三年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき平成元年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助及び昭和六十三年度以前の年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で平成元年度以降の年度に繰り越されたものについては、なお従前の例による。

   附 則 (平成元年四月一二日政令第一一四号)

 この政令は、平成元年十月一日から施行する。


   附 則 (平成三年三月三〇日政令第九八号)


(施行期日)
1  この政令は、平成三年四月一日から施行する。
(経過措置)
2  改正後の道路法施行令、都市公園法施行令、海岸法施行令、道路整備緊急措置法施行令、下水道法施行令、奥地等産業開発道路整備臨時措置法施行令、河川法施行令及び交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法施行令の規定は、平成三年度から平成五年度までの各年度(平成三年度及び平成四年度の特例に係るものにあっては、平成三年度及び平成四年度。以下この項において同じ。)の予算に係る国の負担又は補助(平成二年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき平成三年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助を除く。)、平成三年度から平成五年度までの各年度の国庫債務負担行為に基づき平成六年度(平成三年度及び平成四年度の特例に係るものにあっては、平成五年度。以下この項において同じ。)以降の年度に支出すべきものとされる国の負担又は補助及び平成三年度から平成五年度までの各年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で平成六年度以降の年度に繰り越されるものについて適用し、平成二年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき平成三年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助及び平成二年度以前の年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で平成三年度以降の年度に繰り越されたものについては、なお従前の例による。

   附 則 (平成三年六月一四日政令第二〇九号)

 この政令は、公布の日から施行する。


   附 則 (平成四年六月二六日政令第二一八号) 抄


(施行期日)
第一条  この政令は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び廃棄物処理施設整備緊急措置法の一部を改正する法律(以下「改正法」という。)の施行の日(平成四年七月四日)から施行する。

   附 則 (平成五年三月三一日政令第九四号) 抄


(施行期日)
1  この政令は、平成五年四月一日から施行する。
(経過措置)
2  改正後の道路の修繕に関する法律の施行に関する政令、道路法施行令、都市公園法施行令、道路整備緊急措置法施行令、下水道法施行令、奥地等産業開発道路整備臨時措置法施行令、河川法施行令及び交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法施行令の規定は、平成五年度以降の年度の予算に係る国の負担又は補助(平成四年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき平成五年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助を除く。)について適用し、平成四年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき平成五年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助及び平成四年度以前の年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で平成五年度以降の年度に繰り越されたものについては、なお従前の例による。

   附 則 (平成五年九月一六日政令第二九五号)

 この政令は、平成五年十月一日から施行する。


   附 則 (平成五年一二月三日政令第三八五号) 抄


(施行期日)
第一条  この政令は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律の施行の日(平成五年十二月十五日)から施行する。

   附 則 (平成五年一二月二七日政令第四〇五号)

 この政令は、平成六年二月一日から施行する。


   附 則 (平成六年七月一日政令第二一五号)

 この政令は、公布の日から施行する。


   附 則 (平成七年七月一四日政令第二九〇号)


(施行期日)
1  この政令は、平成八年一月一日から施行する。
(経過措置)
2  この政令の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

   附 則 (平成八年一一月二七日政令第三二六号) 抄


(施行期日)
1  この政令は、下水道整備緊急措置法及び下水道法の一部を改正する法律(平成八年法律第五十九号)第二条及び附則第二項の規定の施行の日(平成八年十二月一日)から施行する。

   附 則 (平成一〇年一〇月三〇日政令第三五一号) 抄


(施行期日)
1  この政令は、平成十一年四月一日から施行する。

   附 則 (平成一一年一一月一〇日政令第三五二号) 抄


(施行期日)
第一条  この政令は、平成十二年四月一日から施行する。

   附 則 (平成一一年一二月二七日政令第四三五号)

 この政令は、ダイオキシン類対策特別措置法(平成十一年法律第百五号)の施行の日(平成十二年一月十五日)から施行する。


   附 則 (平成一二年六月七日政令第三一二号) 抄


(施行期日)
1  この政令は、内閣法の一部を改正する法律(平成十一年法律第八十八号)の施行の日(平成十三年一月六日)から施行する。

   附 則 (平成一二年七月二四日政令第三九一号) 抄


(施行期日)
第一条  この政令は、平成十三年四月一日から施行する。

   附 則 (平成一三年六月二二日政令第二一三号)

 この政令は、平成十三年七月一日から施行する。


   附 則 (平成一四年二月八日政令第二七号) 抄


(施行期日)
第一条  この政令は、公布の日から施行する。

   附 則 (平成一四年一〇月二三日政令第三一三号)


(施行期日)
第一条  この政令は、平成十五年四月一日から施行する。

(経過措置)
第二条  この政令の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

   附 則 (平成一五年九月二五日政令第四三五号)


(施行期日)
第一条  この政令は、平成十六年四月一日から施行する。

(経過措置)
第二条  この政令の施行の際現に存する公共下水道、流域下水道又は都市下水路であって、改正後の下水道法施行令(以下「新令」という。)第五条の四若しくは第五条の五(第六号に係る部分を除く。)の規定(これらの規定を新令第十七条の九において準用する場合を含む。)又は新令第五条の六の規定に適合しないものについては、これらの規定(その適合しない部分に限る。)は、適用しない。ただし、この政令の施行後に改築(災害復旧として行われるもの及び公共下水道、流域下水道又は都市下水路に関する工事以外の工事により必要を生じたものを除く。)の工事に着手したものについては、この限りでない。
2  この政令の施行の際現に存する合流式の公共下水道又は流域下水道の雨水吐であって、新令第五条の五第六号の規定に適合しないものについては、同号の規定は、この政令の施行の日から起算して十年(合流式の公共下水道(流域関連公共下水道を除く。)であってその処理区域の面積が国土交通省令で定める面積以上であるものの雨水吐又は合流式の流域下水道及びそれに接続している合流式の流域関連公共下水道であって当該合流式の流域関連公共下水道の処理区域の面積の合計が国土交通省令で定める面積以上であるものの雨水吐にあっては、二十年)を経過した日から適用する。

第三条  この政令の施行の際現に存する公共下水道又は流域下水道(標準散水濾床法により下水を処理するもの、高速散水濾床法、モディファイド・エアレーション法その他これらと同程度に下水を処理することができる方法により下水を処理するもの又は沈殿法により下水を処理するものに限る。)からの放流水の水質の浮遊物質量に係る技術上の基準については、新令第六条第一項第三号の規定にかかわらず、なお従前の例による。ただし、この政令の施行後に当該下水の処理の方法の変更を伴う改築の工事が完了したものについては、この限りでない。

第四条  この政令の施行の際現に存する公共下水道又は流域下水道からの放流水の水質の生物化学的酸素要求量、窒素含有量又は燐含有量に係る技術上の基準については、新令第六条第一項第四号の規定にかかわらず、なお従前の例による。ただし、この政令の施行後に改築(災害復旧として行われるもの、公共下水道又は流域下水道に関する工事以外の工事により必要を生じたもの及び前条に規定する方法により下水を処理する公共下水道又は流域下水道に係るものであって当該下水の処理の方法の変更を伴わないものを除く。)の工事が完了したものについては、この限りでない。

第五条  この政令の施行の際現に存する合流式の公共下水道又は流域下水道については、この政令の施行の日から起算して十年(合流式の公共下水道(流域関連公共下水道を除く。)であってその処理区域の面積が国土交通省令で定める面積以上であるもの又は合流式の流域下水道及びそれに接続している合流式の流域関連公共下水道であって当該合流式の流域関連公共下水道の処理区域の面積の合計が国土交通省令で定める面積以上であるものにあっては、二十年)を経過する日までの間は、新令第六条第二項中「四十ミリグラム」とあるのは、「七十ミリグラム」とする。

第六条  この政令の施行の際現に存する排水設備であって、新令第八条第十一号の規定に適合しないものについては、同号の規定は、適用しない。ただし、この政令の施行後に改築の工事に着手したものについては、この限りでない。

第七条  この政令の施行の際現に存する散水濾床を使用する処理方法による終末処理場の維持管理については、この政令による改正前の下水道法施行令第十三条第二号の規定は、なおその効力を有する。

   附 則 (平成一六年一〇月二七日政令第三二八号)


(施行期日)
第一条  この政令は、平成十七年四月一日から施行する。

(経過措置)
第二条  この政令の施行前に改正前のそれぞれの政令の規定により経済産業局長がした許可、認可その他の処分(鉱山保安法及び経済産業省設置法の一部を改正する法律第二条の規定による改正前の経済産業省設置法(平成十一年法律第九十九号。以下「旧経済産業省設置法」という。)第十二条第二項に規定する経済産業省の所掌事務のうち旧経済産業省設置法第四条第一項第五十九号に掲げる事務に関するものに限る。以下「処分等」という。)は、それぞれの経済産業局長の管轄区域を管轄する産業保安監督部長がした処分等とみなし、この政令の施行前に改正前のそれぞれの政令の規定により経済産業局長に対してした申請、届出その他の行為(旧経済産業省設置法第十二条第二項に規定する経済産業省の所掌事務のうち旧経済産業省設置法第四条第一項第五十九号に掲げる事務に関するものに限る。以下「申請等」という。)は、それぞれの経済産業局長の管轄区域を管轄する産業保安監督部長に対してした申請等とみなす。

   附 則 (平成一七年一〇月二六日政令第三二七号) 抄


(施行期日)
第一条  この政令は、下水道法の一部を改正する法律の施行の日(平成十七年十一月一日)から施行する。ただし、第五条の四第二号の次に一号を加える改正規定、同条に一号を加える改正規定及び第五条の六の改正規定は、平成十八年四月一日から施行する。

(経過措置)
第二条  前条ただし書に規定する規定の施行の際現に存する公共下水道、流域下水道又は都市下水路であって、改正後の下水道法施行令(以下「新令」という。)第五条の四第三号又は第五号の規定(これらの規定を新令第十七条の九において準用する場合を含む。)に適合しないものについては、これらの規定(その適合しない部分に限る。)は、適用しない。ただし、前条ただし書に規定する規定の施行後に改築(災害復旧として行われるもの及び公共下水道、流域下水道又は都市下水路に関する工事以外の工事により必要を生じたものを除く。)の工事に着手したものの当該工事に係る区域又は区間については、この限りでない。
2  前項の規定により新令第五条の四第三号の規定を適用しないものとされた公共下水道又は流域下水道の終末処理場である処理施設(これを補完する施設を含む。)の構造の技術上の基準については、なお従前の例による。

   
附 則 (平成一八年一一月一〇日政令第三五四号)

この政令は、平成十八年十二月十一日から施行する。


 
広告